<   2018年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

都市景観大賞で優秀賞(三次「歴史的街並み地区」)

三次市の「三次町歴史的街並み景観形成地区」が2018年度の国土交通省の都市景観大賞都市空間部門での大賞(1地区)に次ぐ優秀賞(3地区)に選ばれた。住民と行政が一体となった歴史的な街並みづくりや地区内での祭りの開催などによる、にぎわい創出が評価された。
同地区のすぐそばには来春、妖怪博物館が開館する予定で、市は「受賞を励みに多くの観光客を呼び込みたい」と意気込む。
同地区は、みよし本通り商店街を中心とした計約1.4キロに石畳が敷かれた約9.2ヘクタールのエリア。明治、大正時代に建てられた昔ながらの町家や、伝統的な防火壁「卯建(うだつ)」のある住宅などが立ち並ぶ。
地元では1994年、まちづくりに着手。商店主たち地元住民が毎年春祭りを開くほか、三次町歴みち協議会を設けて市と連携して、地区内での建物の補修や増改築時には景観に配慮するよう調整や指導を続けている。市は石畳の舗装や電線の地中化、灯籠を設置した。三次地区自治会連合会も、13の小路を生かした町歩きをしやすいよう、マップや石板を制作した。
こうした一連の取り組みが「地域住民と行政が一体となって、道づくり、街づくりを進めてきた。活発な活動も街のにぎわい創出に大きく貢献している」と国に評価された。
市都市建築課は「歴史的な街並みの中に生活と観光が共存している強みを今後も一層磨いていきたい」としている。
【中国新聞 2018.06.21】
d0328255_21111427.jpg
三次町の町並(2008年撮影・石畳調の舗装は施工済)


三次の古い町並は駅から川を隔てた旧三次町にある。初めて町並探訪の目的で訪ねた頃からすると、見違えるように町並が整備された。
地元三次の方々が強く意識され、守るべく努力を積み重ねて来た結果であると感謝したい。
ただ、私が感じるだけかもしれないが、今施工されている石畳調の舗装は今ひとつ町並を引き立たせる効果には乏しく、せめて地道を思わせるカラー舗装に出来なかったものかと思う。
また妖怪博物館とやらが計画されているということはこの記事で初めて知ったが、この町並資源の魅力を、どのような形で伝えようとしているのか。核心がぶれるのではないかと危惧感を抱いてしまう。
この取組が観光客の集客に重きを置くばかりに、あらぬ方向に曲折してしまわないことを切に願いたい。


[PR]

by mago_emon2 | 2018-06-23 21:12 | 古い町並 | Comments(0)  

吉原家住宅の公開休止

尾道市向島町にある国重要文化財「吉原家住宅」で、日曜・祝日に14年間続いてきた定期公開が、6月から休止となった。築380年を超える豪農屋敷を後世に伝えようと、ボランティアで案内を担った住民グループ「吉原家住宅を守る会」が、メンバーの高齢化で解散した。
吉原家は江戸期に近隣5村の庄屋を世襲で務めた。母屋は1635年築。かやぶき屋根の寄せ棟造りで、はりや柱に異なる木を使っている。1991年、納屋などとともに国重文に指定された。
守る会は2004年、住宅の歴史を広く伝えようと発足。第39代当主の吉原久司さん(68)=同市向東町=の許可を得て、日曜・祝日に門と住宅の鍵を開け、訪ねる人を案内してきた。しかし、20人以上いたメンバーは高齢化などで8人に減少。活動が難しくなり、今年5月27日の公開を最後に解散した。
ゴールデンウィーク時には、県内外から毎日10人以上が訪れたという。守る会メンバーだった藤田久登さん(88)は「解散は残念だが、住宅の歴史的価値を次世代が伝え続けてほしい」と願う。
吉原さんは「母屋の屋根に傷みが出ており、補修を検討する。見学希望の相談には個別に応じたいと話している。
【中国新聞 2018.06.02】


d0328255_16120724.jpg
吉原家住宅


この吉原家住宅は昨年訪ねており、この時もボランティアガイドの方に詳しく説明いただき充実の訪問となった。
拙サイトでもその時の模様を掲載している。
 http://www.kyoshu-komichi.com/jyuyobunkazai15.html

厳かな外見はもちろん、外見内部も収穫したものを貯蔵しておく地下室など非常に貴重な文化財といえるのだが、ガイドの高齢化により公開そのものも中止してしまうとは寂しいことだ。
ガイドする係員無しで受付だけといった形でも難しいのだろうか。
やはり重要文化財の建物は、公開され見学できる状態にしてほしいものである。


[PR]

by mago_emon2 | 2018-06-03 16:25 | 伝統的建造物 | Comments(0)