人気ブログランキング |

被覆支廠2・3号棟解体へ

広島市内最大級の被爆建物「旧陸軍被覆支廠」(南区)について、広島県は2日、所有する3棟のうち1号棟の外観を保存し、2,3号棟を解体する原案を固めた。概算費用は8億円を見込んでおり、2020年度の着手を目指して20年度当初予算の編成を進める。
「物言わぬ被爆者」の価値を重んじる市民の反発は必至で、原案に対する反応を探りながら方向性を確定させる。
県は9月、建物が老朽化して地震で倒壊する危険性があるとして、安全対策をすると表明。10月には3棟のそれぞれについて、耐震化、外観保存、解体の方向性を示す6パターンを公表していた。関係者によると県は爆心地に近い最も近い1号棟を保存し、2,3号棟を解体・撤去する案を採用し、近く公表する。
県の原案によると、外観を保存する1号棟は西側の外壁を補強し、震度6強の地震でも近くの民家などに被害が出ないようにする。屋根なども改修・補修し、21年度の完了を目指す。並行して建物の利活用の在り方を、国や市とともに探る考え。耐震化して内部を活用する可能性も残す。
2,3号棟の解体は、20年度に設計し、22年度末までに終えると見込む。解体に先立ち、仮想現実(VR)の最新技術を用いて、1号棟を含む3棟の現在の姿をデジタル保存する。
3棟は建築から106年がたつ。県は昨年12月、いったんは敷地内に被爆証言を聞く建物(平屋約130平方メートル)を新設するのを柱とした改修案をまとめた。しかし、県議会最大会派の自民議連から将来の財政負担の重さを懸念する声が出たため、方針を転換。安全対策の検討を進めていた。
残る1棟は国が保有し、中国財務局(中区)が管理する。関係者によると、国も解体を含めて検討しているという。
【中国新聞 2019.12.03】
被覆支廠2・3号棟解体へ_d0328255_23170538.jpg

被覆支廠2・3号棟解体へ_d0328255_23170365.jpg
旧陸軍被覆支廠 1枚目:2・3号棟 2枚目:4号棟(国所有)(2019年11月撮影)


保存か解体かで時折話題に挙がっていたこの被覆支廠。ここにきて俄かに注目度が高まってきた様子だ。
1~4号棟が縦列に並ぶこの建物群、敷地外の路地を歩くだけでも相当な規模であるのが実感できる。確かにこれだけの建物をすべて保存し、耐震化を施して公開、あるいは活用するというのは現実的ではない気もする。
しかし、1棟だけの保存というのであれば、せめて躯体の強度対策もして内部も活用してもらいたいものである。原爆の生き証人としてももちろんのこと、RC造として先駆けの建築ということでとても貴重な遺産だ。外観だけの保存では後者としての価値はほぼ失われる。

by mago_emon2 | 2019-12-03 23:29 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

<< 県民意見の公募きょうから実施(... レトロな町並み散策しようー邑南... >>