人気ブログランキング |

飲食店に限らず活用探るーテナント撤退 府中の「恋しき」

府中市府中町にある旧料亭旅館の複合施設「恋しき」の主力テナントの飲食店撤退から、3カ月近くがたつ。地元企業や市などが出資する運営会社は、新たなテナントを探すが進展は見えない。本格的な日本庭園も備える国の登録有形文化財の建物は、市を代表する観光資源であるとして、飲食店に限定せずに活用策の検討を始めた。
旅館として明治初期に創業した恋しきは、3階建ての母屋と5棟の離れ、庭園からなる。運営会社は、情緒ある空間を生かし、市民や観光客の憩いの場を活用のコンセプトとしている。2018年度は約2万7千人が利用した。
しかし3月末、母屋で12年から営業していた主力テナントの和風レストラン・宴会場は不採算を理由に撤退。運営会社は、複数の飲食関係の業者に入居を打診したが「具体的に何も決まっていない」という。現在、母屋は活用されておらず、離れで観光案内書が営業し、回廊式の日本庭園は一般開放されている。
府中商工会議所会頭で、運営会社の北川祐治社長は「人が集う仕組みを考えていかなくてはいけない」と強調。廃業した旅館からリニューアルした07年以降、複数の業者が営業してきた飲食店にこだわらずに活用を模索するという。
運営会社はテナント賃料を主な収入源として施設を維持、管理している。店撤退による収入源を受け、恋しきの支援として市は、庭園の維持管理に150万円の補助を決めた。森川祐司観光戦略推進担当部長は「恋しきの維持は大前提。地域振興を図るためにも、市も積極的に関わっていく」とのスタンスだ。
井伏鱒二や吉川英治や文豪も滞在し、戦後は地元企業の商談の場などとして活用されてきた施設。北川社長は「府中の宝であり、残すもの。再び魅力ある施設にしたい」と話す。
【中国新聞 2019.06.27】
d0328255_21511176.jpg

4月の飲食店撤退との記事の続報。
文化財級の価値のある貴重な建物が遊んでいるのはもったいない。
家屋でも空き家になり管理が行き届きにくくなると一気に傷みが生じやすくなる。それは文化財の建物とて同じことだ。
市が買い取って公的に管理し、あくまで建物を公開し見てもらうよう整備してもらいたいと個人的には思うところだ。小さな喫茶室を設けるのもよいだろう。
飲食店として営業している時に一度利用したことがある。そのとき離れは法事客が使われていたようだが、そのような臨時での貸切扱い利用にも応じる施設にしてもよいだろう。


by mago_emon2 | 2019-06-27 21:52 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

<< 竹原駅前でEVレンタルー町並み... 竹原の町並みで空き家を旅館に >>