酒蔵通り一帯を調査へ

東広島市教委は、西条酒蔵通り一帯の街並み調査に乗り出す。地区内にある築50年以上の日本家屋を中心に構造や分布、完成時期を把握。街並みの成り立ちを明らかにして重要伝統的建造物保存地区(重伝建)を目指すかどうかの基礎資料とする。
西条酒蔵通りはJR西条駅南の東西約1.2キロ、南北300~500メートル。通りを含む西条地区では明治、大正期の土蔵など既に73件が国登録文化財になっている。これまで酒造関連施設で調査がされてきたが、一般家屋は対象外だった。
調査では、歴史的なたたずまいを残る木造家屋30~50軒を対象に想定。柱の間隔を測って平面図を作ったり、建築時の状況を聞き取ったりするほか、水路や塀、石造物についても調べる。結果を参考に、街並み全体として保護するかどうかの可能性を探る。
市教委文化課は「調査は街並みの保存方針を判断するため。結果によっては重伝建の指定を目指すことも検討したい」としている。
夏ごろに有識者や市民を交えた委員会を設け、調査は外部の研究機関に委託して進める方針。2019年度末の完了を予定する。
【中国新聞 2018.05.10】
d0328255_23225011.jpg

西条の町並を重伝建に。
正直なところ少し突拍子ないようにも思えるが、酒蔵地区だけが注目されがちなこの界隈、旧山陽道沿いでもあり宿場や町家・商家の面影も少なくない。その貴重さをどこまで詳らかにできるか、その結果によっては案外重伝建級の価値もあるのかもしれない。
もちろん、私も知らないことが沢山ある。重伝建以前にまず調査結果を楽しみにしたい。


[PR]

by mago_emon2 | 2018-05-10 23:28 | 古い町並 | Comments(0)  

街道東城路 美装化へ >>