被服支廠補修4億円

広島市内で最大級の被爆建物で、具体的な保存・活用策が決まっていない旧陸軍被覆支廠(ししょう・南区)について、広島県が、現存4棟のうち1棟を対象にした本年度実施した現地調査に基づく補修や耐震化の概算費用が17日、分かった。対象の1棟について4パターンで試算し、劣化防止の補修で約4億円、耐震化で約12億~33億円かかるとした。県は、補修を前提に、この1棟の活用策を探る方針を固めた。
県は4棟中3棟を所有。最も北側の1号棟の柱や鉄筋、れんがを抽出して強度を調査し、1号棟の改修パターンと費用を①外観を保全する補修が約4億円②内部の一部活用を想定し、全体を耐震化が約23億円④博物館など内部の全体活用を想定し、全体を耐震化が約33億円―とした。
①の補修は、雨どいや排水管などの防水設備、屋根瓦の劣化を食い止める対策などを施す。県は当面、1号棟の補修を前提として、建築の専門家たちと効果的な工法を2018年度に検討。現時点で補修を予定しない他の所有2棟を含め、見学者たちを呼び込める活用策を引続き進める。
県は、1996年の調査で1棟全体の耐震化に約21億円、博物館として活用する場合に約36億円かかると試算。今回の調査では、耐震工法の進歩などでコストが下がることも期待していたが、数億円の縮減にとどまった。
被覆支廠は、ロシアのエルミタージュ美術館の分館誘致構想が白紙になった06年以降、具体的な活用策の検討が停滞。県が昨年8月、活用策の検討に向けて約21年ぶりに現地調査に乗り出していた。
【中国新聞 2018.01.18】
d0328255_22500578.jpg














この被服支廠の建物群、時折市民団体の主催などで見学会が催されているが、安全性から内部見学は定員制であることもあって人数制限があり、私も参加できていない。それだけ関心も高い建物といえる。
活用のレベルと費用、それを高いと見て回避するか、価値があるものと踏みとどまるか。
折しも呉市に残る青山クラブの建物も、複数案で検討した結果全面保存の方向で動き出すという話題があった。
この被服支廠は保存する価値としては、さらに高いものがあるはずだ。





[PR]

by mago_emon2 | 2018-01-20 23:01 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

<< どう結ぶ(大久野島・重伝建) 堀内邸 訪日客観光拠点へ >>