人気ブログランキング |

御手洗丸ごと「博物館」に

呉広域商工会などは呉市豊町の御手洗地区で「ミュージアム構想」に取り組む。国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)に選定されている街並み全体を博物館に見立てて活性化を目指す。初年度は外国人を含む専門家から助言を受け、先進地を視察する。

d0328255_22502858.jpg
構想には、江戸期から続く港町の建物や景観の活用、アピールの工夫、新たな投資を呼び込む仕組みづくりなどを盛り込む。
構想を練り上げる委員会は、同商工会や住民でつくる「重伝建を考える会」、市外の有識者、市の代表者たち26人でつくった。全国商工会連合会からの補助金329万円を構想の立案に充て、来年度以降に実際の取り組みを進める。
9月の会合は英国、米国出身の委員4人も出席。インバウンド(訪日外国人客)の拡大をテーマに話し合った。
「欧州や米国の観光客は旅の中で文化や歴史、建築学を学びたいと願う人が多い。御手洗にはそれが備わっている」「オーディオガイドを使って散策できるようにすればいい」などの意見が出た。酒蔵を結婚式場として、町家をゲストハウスとして活用する全国の先進例も学んだ。
同商工会の村尾征之会長は「地元が気付いていない視点を得られた。地域がにぎわう道を探りたい」と話していた。
【中国新聞 2016.09.10】

d0328255_22505666.jpg
今は本州からは橋により陸続きになっている御手洗地区。しかし何本もの橋を渡りその最奥にあること、そして町並景観とそれにはらんだ歴史性が濃密なことから、独特の探訪価値のあるところのように思える。
陸路の袋小路のようなところなので、ここに目的のある人しか訪ねてこないだろう。
そうした背景を持つこの町並には絶好の取組といえる。
ただ、自治体のこうした活動は宣言したは良いが具体化の段階で企画倒れになることも少なくない。そうしたことはないように願い期待したいものだ。


by mago_emon2 | 2016-09-12 22:58 | 重伝建保存地区 | Comments(0)  

<< 酒蔵地区景観向上に着々 上下の宝 リフォームへ >>