人気ブログランキング |

宮島の町並み見学

廿日市市が国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)選定を目指す宮島の町並みを見学する会が27日、町家通り一帯であった。都市住宅学会が企画し、県内外の大学教授たち20人が参加した。
町家を活用した広島工業大(広島市佐伯区)の地域環境宮島学習センター(通称・宮島こもん)を会場に、同大教授たちが江戸期から昭和初期にかけての島の建物の建築様式や特色を紹介。空き家の活用や生活を観光に活かす取組みの必要性を指摘した。
参加者者は町家通り一帯を歩き、ギャラリーやゲストハウスとして活用されている建物などを見学した。同学会九州支部の鮫島和夫支部長(68)=長崎市=は「各年代の建物が、まちと一体で残っており珍しい」と興味深そうだった。
【中国新聞 2015.11.28】

d0328255_21283512.jpg

町家通りの町並

観光地として有名な一方、町並が注目されることがこれまで少なかった宮島の町。町家通りと呼ばれる土産物街の山手の筋はそこそこ知られるようにはなったが、まだ人通りは少なく旧来の宮島の町家の姿、町並の素朴さも感じることができる。
島内にはこの他にも社家町、門前町など多様性に富んだ町の風景が残っており、歴史的価値も高いので、早く重伝建地区となることを願いたいものだ。

by mago_emon2 | 2015-11-28 21:32 | 古い町並 | Comments(0)  

<< 「歩車分離」20日住民説明会 歴史的町並み活用策を議論 東城... >>