人気ブログランキング |

歴史的町並み活用策を議論 東城でワークショップ

庄原市は10日、東城町の市東城支所で、同町中心部の歴史的な町並みの保存・活用策や、景観のルールづくりなどを議論するワークショップを始めた。来年8月末をめどに景観と地域活性化についての計画をまとめる。
対象エリアは、国土交通省から夢街道ルネッサンスの認定を受けた「街道東城路」周辺の約18ヘクタール。エリア内の自治会、商店、建築士などの各団体、市職員たち約30人が参加した。
この日は市都市整備課の三浦義和課長が「地域資源を活用して活性化に結び付けていけるよう、皆さんと一緒に議論したい」とあいさつ。その後、4グループに分かれて約1時間かけて町並みを散策し、地域の特色や強み、問題点などを模造紙にまとめた。
メンバーからは「建物の高さがそろっているので景観が良い」「空き家が増えている。どう対処するか」などの意見が出た。
東城町川西の屋根工事業酒井康博さん(58)は「町並みと言っても地域によって特徴が異なる。どうまとめていくか、しっかり考えたい」と話していた。
市は本年度にあと3回、来年度3回のワークショップを開く。
【中国新聞 2015.11.11】

d0328255_2328668.jpg

東城の町並

東城は城下町を起源とした貴重な古い町並が今なお残っている。
この町並でいつも感じるのが、町の人の町並に対する意識の高さだ。重伝建地区は別として、一番住民が熱い思いを注ぎ込んでいる町並だろう。
実際、質量ともに古い町並として保存活用するに十分なものがある。
交通の便の悪いところにあるのが、逆に功を奏するのではないかとも思う。
多くの外来客がなだれ込むことはなく、観光地化という方向性に向うことは考えにくいからだ。
今後の動きに注視し続けていきたい町並である。

by mago_emon2 | 2015-11-12 23:28 | 古い町並 | Comments(0)  

<< 宮島の町並み見学 鞆の浦 魅力と保護探る >>