人気ブログランキング |

上下の空き店舗白壁に改修へ

府中市のNPO法人アルバトロスが、白壁の町並みで知られる同市上下町の商店街で、木造の古い空き店舗1軒を改修する。県、市の補助を受け、タイル張りの外観を白壁に戻す。その後、店舗内にイベントスペースや、貸し出し用の区画などを整備する構想で、移住者を呼び込む拠点としたい考えだ。
木造2階建て(延べ745平方メートル)の1階の一部で、所有者が雑貨店「瀬川百貨店」を経営していた。しかし高齢などを理由に2年前に閉じ、転居した。住居だった部分は瓦ぶきの屋根やなまこ壁の和風の造りのままだが、店舗の通りに面した壁は改装され、タイル張りでアルミサッシの窓枠も取り付けられている。
同法人は所有者と協力し、店舗部分を格子窓や白壁の外観に戻す計画。また、住居部分のアルミサッシの窓も格子窓にする。10月に着工し、商店街が舞台となる「上下ひなまつり」開幕前の来年2月の完成を目指す。
その後、奥行きが約60メートルある店舗内の整備を進める予定で、イベントや移住者の出店などの受け皿にしたい考えだ。外観の改修費約1千万円は、定住促進や創業支援関連の県、市の補助で賄う。
市の地域おこし協力隊でもある同法人の藤原幸大理事長(28)は「景観づくりとともに人を呼び込む土台にしたい。将来的には、奥行きのある店舗内が小さな商店街のようになれば」と意気込む。
【中国新聞 2015.09.29】

d0328255_23393846.jpg

改修が計画される建物(右から2軒目)

上下の町並は石見銀山からの銀を輸送する街道沿いの拠点として江戸時代より大変な賑わいを見せ、現在でも重厚な古い町並を残す貴重なところだ。
近年、この建物が面する旧街道沿いは整備され、町並探訪の対象としても遜色のない体裁が整えられた。
この建物、商家建築に挟まれいかにも地味であり、またやや町並の連続性という点でやや異物感を抱かせる1軒でもあった。
格子や白壁の外観も、この建物がもともと持っていたのであれば、改修しても違和感は無いものとなろうし、鰻の寝床と形容される間口の割に非常に深い奥行を持つという独特の構造は、町を歩いただけではわかりにくい。建物内を確認してあらためて驚くことである。
藤原理事長の狙いの一つがそこにあるようで、今後注目していきたい。
町並景観上でも、この1軒がらしさを取り戻すだけで随分違うものになってくるだろう。

by mago_emon2 | 2015-09-29 23:48 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

<< 島で商売 お試しイベント 旧街道の活性化 老舗新社長誓う... >>