人気ブログランキング |

みたらい万華鏡 -重伝建20年-

9月8日投稿の記事の御手洗のイベントに行ってきたので、そのレポートを。

d0328255_23502652.jpg


全体的な印象としては自治体主催による本格的なものではなく、地元の有志によるイベントであるらしくささやかであり、またほほえましくなるようで、御手洗らしいイベントだと思った。
遊女屋の遺構である若胡子屋、附近はサイクリングスタイルの人、カメラを持った人、そして地元の人で賑やかだ。若胡子屋の館内では、なつかしの写真展として明治頃の最盛期頃からの貴重な写真が展示されていて思わず見入る。

d0328255_2351389.jpg


d0328255_23511048.jpg


私が一番期待していたのがこの町を代表する町家「鞆田家住宅」の特別公開だ。町家の連続する一角や若胡子屋からは少し外れた位置にあり、通りを挟んで洋風の別棟を持つ。
外部から見えるのはこの母屋・別棟だけだが、実は奥行がとても深く離れや茶室、土蔵などを従え、さらには通りを隔てた洋風の外観のもと芝居小屋「乙女座」は、当家が私財を擲って建てたとのことである。幕末から明治にかけて廻船業を営み、金融業にも手を広げて大きく発展した旧家であった。
当住宅は現在でもお住まいのため、残念ながら内部を撮影することはできなかった。しかし細部にも凝った豪勢な造りには驚くばかりだ、公開見学は地元の方の詳しい解説により行われ、参加者一同どよめきが起る場面も多かった。密談時を想定した隠し階段、一方で中庭を望む優雅な茶室など、島の邸宅とは思えない(こう思うのは偏見ですね)豪勢なものだった。
案内された地元の方でさえ内部を詳細に見たことはないとのこと。お住まいのお宅だから当然だろうし、だからこそ我々が訪ねられるというのはとても貴重なことだ。案内を受けているうちに、撮影ができないことなどどうでも良くなってきた。

d0328255_23524241.jpg


d0328255_23524891.jpg


実は町家公開をはじめとした催しは翌日も開催される予定だったが、台風の接近により中止となった。当日も当初は影響のある予報となっていたためか、今ひとつ人出が少ないようにも見受けられた。
ただ、このイベントは収益等は度外視したものであろうし、今回の重伝建20年イベントとしてに限らず毎年でも開催してほしいと強く思う。
観光客を呼び寄せるように傾倒したイベントでない限り、こうした催し、取組は大歓迎である。


※この記事は、郷愁小路「かわら版」Vol.12のレポートとほぼ同一内容です。

by mago_emon2 | 2014-10-15 23:55 | 現場レポート | Comments(3)  

Commented by R. at 2014-10-16 20:02 x
御手洗、私がその町を知ったのは「小さな町・小さな旅」(ガイドブック)だったでしょうか。
もしかすると別の書籍だったかも知れません。
「こういった島が瀬戸内海にあるのか」ととても印象に残った事を覚えています。
もう橋がかかったんですね(?)
非公開の邸宅をご覧になったんですね。その素晴らしさが伝わってきます。
現住されている建物は、より長くよい状態で保たれるのでしょうね。
廻船業で栄えたところ、先月末私が訪ねた吹屋はベンガラ産業でしたが、何となく共通点を感じます。
海と山、これからの展開はまた違うかも、、とも思いますが。
そうそう、この頃、自転車に乗った方(サイクリスト?ローディ?)を各地で見かけますね。
吹屋のお祭りでも結構な割合でした。
Commented by R. at 2014-10-16 20:05 x
<すいません、長くなって2コメント目です;;全く別の話題なんですが。。>
さて、最近、車の中で地元FMを聴いていると「ひこうき雲(荒井由実)」が流れてきました。
でも、松任谷さんの声ではない(ジブリ映画の主題歌で昨年何度も何度も聴きましたから)。
とても透明感があり、爽やかで伸びやかな歌声。「誰かなぁ」と思っていると松浦亜弥ちゃんでした。
私が知らないだけでしょうが2002年のアルバムから、と番組DJ。(聞き違いかも?)ただ、そのDJ曰く「スガシカオさんが歌唱力を絶賛した松浦亜弥さん」と言った事はしかと?聞きました!
その歌声だけ聞いて「これは」と思う、、深くうなづいた私でありました(^-^)
Commented by 孫右衛門 at 2014-10-18 22:24 x
ご覧頂ありがとうございます。今回、御手洗のこのイベントも町家公開がなかったら興味ないところでしたが、それだけに気合が入っていて動画撮影してやると意気込んでいました。お住まいのお宅は、保存公開されるものとはやはり明らかに違いますね。家具その他に至るまで現役なのだから、とても貴重な体験でした。

FMラジオで亜弥ちゃんのひこうき雲が流れたのですか。
この曲昔から繰り返し歌っているようです。去年、映画のおかげというか、21歳の時に歌っているネット映像がかなり拡散されて話題になりました。
スガさんの曲もカバーしているのですよ。彼女の曲は、何故かカバー曲が注目されることが多くて、それは手持ちの曲とは違ったイメージになるというのが大きいんでしょうね。カバーするのは渋い曲が多いですので。

結婚もし年末には出産も予定されている彼女のこと、ひと段落したら新しい境地で歌いに出てきてくれることを期待したいです。

<< 稲荷山が重伝建に 国宝に旧富岡製糸場 町商工会、活性化探る -上下- >>