人気ブログランキング |

【雑記】デジタル製品は使い捨て?

私が町並探訪時の撮影に使っているカメラは今3代目、ミラーレス一眼といわれるものだ。外見はコンパクトデジカメと変わりない物ながら、高性能で町並撮影程度ではもて余すほどだ。感度設定も素晴しく、夜景も三脚なしで可能なほどだ。
その一台前はペンタックスの一眼レフタイプのデジカメ、外見も銀塩ものの普通のカメラと変わらぬものだった。これが本当に働いてくれた。丸10年間、撮った画像は2万枚を超え今掲載しているもののほとんどはこのカメラで撮影したものだ。
ここ数年時折兆候が見られたが、昨年末東京周辺の町並を撮影している時本格的に不調になり、年明け早々の遠征のため急遽今のミラーレス一眼を購入したのだが、手軽な感触と質感の高い画像は捨てがたいものの、以前のようなカメラで撮影している感が薄らいでいるように思え、何とか復活できないかと購入した店舗を訪ねた。
店員の方の答えは、10年も前のものは、部品のストックが無いことが多く修理できない可能性が高いとのこと。
コンパクトデジカメならともかく、重量感のある一応本格的なカメラである。一度の不具合が直せないとはそれこそ、一時流行ったレンズ付きフィルムのように使い捨てなのか??それとも10年持ったから十分元は取れているでしょう、もう高性能な次期機種が開発されているからそんなのにこだわっていないで新しいのを買いなさい、ということなのか。
私は物には、むしろこだわりがない方なのだが、何とも味気ない気がぬぐえない。

同じようなことを、間を空けず今度は携帯電話で味わった。
今年の4月に、スマートフォンの機種変更を行ったのだが、しばらくすると充電時に不具合が生じた。充電のランプが点灯しないのである。本体側に問題があるものと思い、修理に出したが改善しない。再度確認すると店から借りた充電器なら問題ないが購入時に附属していた奴だと利かない。そこで充電器を交換して貰いたいと申し出ると、既に生産が終了していて対応できないとのこと。
確かに半年落ちのモデルとかで安かったからこれにしたのもあったのだが、たかが半年1年で!?と驚く私に店員の方は各メーカーは機種の開発に精一杯で故障などに備えた部品のフォローになかなか追いつかないと。たまに補充のため再生産することもあるが期待できないので、店舗貸し出し用の代替品で当面対応してくださいとのこと。
何だか呆れてしまった。携帯は毎年機種変をしないといけないかの如くである。

by mago_emon2 | 2014-09-27 22:46 | 雑記 | Comments(0)  

<< 町商工会、活性化探る -上下- 「町めぐり」復興後押し >>