スマホかざせば石見銀山案内

大田市観光協会は、市内の石見銀山遺跡などでスマートフォン向けの新しい観光案内サービスを始めた。観光施設に電話を向ければ詳しい案内が表示される仕組み。目立つ建物や名所がなく「分かりにくい」とされる遺跡を詳しく説明し、観光客に何度も訪ねてもらう狙いがある。
石見銀山世界遺産センターや龍源寺間歩(まぶ)、温泉津温泉など計77ヵ所に対応する。専用のアプリケーション「Sky Ware」を使って電話を遺構や施設に向けると映像、音声、文字で歴史や概要を案内する。英語、韓国語、中国語にも対応する。
併せて市が同センターなど6ヵ所に無料の無線LANを整備した。両事業費は計350万円。
石見銀山遺跡は世界遺産に登録されているため、遺跡中心部の大森町の町並保存地区などは看板をあまり立てられず、案内の充実が課題だった。市情報企画課は「対象を増やして歩く観光を広め、外国人客も呼び込みたい」としている。
【中国新聞 2014.07.25】

d0328255_2381039.jpg


最近大森の町並を再訪する機会を得たが、古い町並は訪ねる客も少なく、世界遺産登録前と同様の落着きをすっかり取り戻したイメージがある。私は再び賑わってほしいといういうより、むしろこれが観光資源としての古い町並としては自然な姿であり、その良さがわかるひとに来てほしいとも思っている。
確かに重伝建地区、さらに世界遺産登録地とあって宣伝や看板の制約は大きいものがあろうから、スマートフォンを利用したこの取組は効果が大きいと思われる。
課題はどれだけそれを来訪者に認知させるかだろう。
[PR]

by mago_emon2 | 2014-07-25 23:15 | 重伝建保存地区 | Comments(0)  

<< ひろしまたてものがたり 昭和薫る玖波和服で散策 >>