人気ブログランキング |

【雑記】ニュースの華?気象予報士

天気予報のコーナーで、個人の気象予報士の姿をあちこちで目にする。事業所等に所属されている方もいるようだがこれは数年前までは見られなかったことである。気象庁とは別に個人的に予報ができることから、天気予報、気象の世界も随分規制緩和されたなというところだ。
ただ少し気になるのは、一部ではアイドル的な人気を博している女性予報士もいるように、一部タレント化した姿が目立つことだ。まず女性が多いこと自体に驚く。
また視聴者にわかりやすく説明しようとするばかりに、なんだか稚拙な言い方になったり、この人本当に予報士なの?と疑いたくなるほど気象に対し素人のような発言をする人も一部に見られる。
私は小学4年の頃からラジオの気象通報を愛聴し、中学のテストでは試験勉強0で満点を取ったほどの気象好きなので、そのくらいは見抜いてしまう。

先週末に太平洋上に台風が発生し、数日後には沖縄の近海で猛烈な勢力に発達し過去最大級の勢力で接近するという話題がネットそしてTVでも報道され始めている。
台風が発達する要因として、海面水温の高さがあり、高いほど水蒸気の供給を多く受けるのだが、現在既に沖縄近海まで30℃前後となっており盛夏時並の高さとなっている。そのため台風シーズンと同様の発達をし影響も大きいだろうというのだ。

この予報、そして実況など、各予報士がどのようにこなすのか、非常に興味がある。

by mago_emon2 | 2014-07-06 21:38 | 雑記 | Comments(0)  

<< 酒蔵のまち 保全に課題 鞆の町家保存で連携 >>