「京橋会館」跡地に多世代居住複合ビル

被爆地復興のシンボル的な建物だった広島市南区京橋町の市営住宅「京橋会館」の跡地に7日、民間主導の再開発ビル「フロンテージ広島」が完成した。バリアフリー設計の高齢者向け市営住宅と、分譲マンションが一体化。多世代が交流する生活空間になる。

JR広島駅から南西約400mの好立地にあり、鉄筋21階建て、延べ1万4600平方メートル。ホテル経営のレガロホテルシステム(中区)などの企業体がビルを建て、市営住宅部分を市が買い取る手法をとった。
市営住宅は3~5階部分で1DKの間取りが18戸、2DKは10戸。60歳以上の入居を前提とし、部屋や廊下の段差をなくして引き戸や手すりを設けた。日中は、安否確認など暮らしをサポートする相談員が駐在する。
京橋会館は1954年完成の4階建て。外観と中庭を取り囲む「ロ」の字型の構造が特徴だった。老朽化のため、市は07年に更新を決めた。旧住民の15世帯が4月以降、新たなビルに戻る。続いて市は、残る13戸の入居者を公募する。
(後略)

【中国新聞 2014.02.08】

d0328255_232978.jpg
d0328255_2321783.jpg


戦後建てられた、アパートの前身ともいえる集合住宅といった公営の建物が最近まで現役であったこと自体が特筆されることだろう。四面をアパートに囲われ、中庭ともいえるスペースは子供の遊び場であり、物干し場でもあり、また住民たちの交流の場にも利用されていた。
私は子供の頃ここに母の知り合いが住んでおられたこともあり、何度か訪ねた覚えがある。当時(30年以上前)はその知り合いの人の、私より少し年少の子供と遊んだりした記憶がある。そのような子育て世代が多く住んでいたようで、活気が感じられた。1階部分には店舗も入っていた。

上の写真は建て替え決定後の姿であり、住民の多くが引き払った状態であったこともあるのだが、かつての賑わいは想像すらできない状況だった。
戦後としては非常に斬新な住居形態であったはずだが、何時しかコミュニティーよりプライバシー、セキュリティーが優先されるようになり、建物自身の老朽化もあって時代遅れになってしまったのだろう。
ある意味、古い町並と同様の現象がこの建物に凝縮されているようにも思う。

サイト内の記事は、
「街の風景5 -集合住宅-」
http://www.kyoshu-komichi.com/machifukei5.html
[PR]

by mago_emon2 | 2014-02-08 23:15 | その他 | Comments(0)  

<< 【雑記】今回こそは煙草と縁が切れるか 鞆まちづくり調査に予算 >>