町並み保存地区 便利に(竹原)

 竹原市は、江戸、明治時代の面影が残る観光スポット、町並み保存地区(同市本町)の散策がしやすくなるよう基盤整備を進めている。出入りが不便な地区の北側の環境改善を重視。橋や市道を建設し、さらに観光客を呼び込む考え。

 北側には榎町、やや南寄りに新町と二つの市営駐車場があり、計66台収容できる。ただ保存地区との間を本川が流れており、車を置いて南側に回る必要がある。榎町駐車場近くに橋を付けて、ほぼ一直線に保存地区に入れるようにする。
 橋は長さ17m、幅12m。総事業費は1億6500万円で、周辺のまちづくり整備の一環として昨年9月に着工した。「小京都」の景観を損なわないよう、塗装は茶色、欄干のデザインにも配慮した。10月ごろの完成を目指す。(後略)

(「中国新聞」8月29日)


d0328255_23175614.jpg

保存地区北端付近の町並


 町並保存への取組というと町家の改修がまず想起されるが、こうした町並探訪者の利便性は意外な盲点といえる。旧家の特別公開、町並を舞台にしたイベント等が行われる際、アクセスの不便さ、駐車場の不足などが明るみとなることは少なくない。竹原の古い町並は知名度も高く、駐車場自体は近年出来た道の駅を含め十分な供給量はある。但しこの記事のように、北側からのアクセスは街路が細く入り組んでいることもあり、利便性はよいものではなかった。
 道の駅は満車でも榎町の駐車場には十分空きがあることも少なくないのは、そのアクセスの悪さと案内不足が影響している。この橋梁の完成で、探訪者が便利に北側から町並に入れるようになるのは嬉しいことである。
 
[PR]

by mago_emon2 | 2013-08-29 23:17 | 重伝建保存地区 | Comments(0)  

<< 【旧雑記帳No.38】 わが町... 鞆中生 観光客を招く >>