人気ブログランキング |

【旧雑記帳No.37】 車を停めるのが難しい町(2012.06.01)

最低100円で気軽に駐車できる地平のコインパークは町並探訪でも利用することが少なくない。しかし、設置されるのは大体人口30万人以上のある程度大きな町で、中小都市ではまず見かけない。
地方の小さな集落では空地も多く、また人口数万程度の小規模な町では銀行やスーパーマーケットなどの駐車場も開放的で、躊躇なく停めて探訪できるが、一番困るのが人口10~20万程度の都市の場合である。観光地でない限り外来者の駐車場が整備されておらず、コインパークがなく車を停める場所に苦慮することが多い。
最悪は市役所などの駐車場を借りて、自家用車の場合は後ろに積んである折畳み自転車を取り出して走ることになるが、探訪時間と同じくらい駐車場所探しに時間が取られる事も何度か経験している。この規模の都市を訪ねる場合は事前に駐車場所を調べておくのが賢明のようだ。

<原文そのまま>

by mago_emon2 | 2013-07-06 23:23 | 雑記 | Comments(2)  

Commented by 万訪 at 2013-07-07 06:54 x
私も同様の悩みをもっています。
エアーインテーク集落の場合などは特に難しいですね。どこがあきスペースなのかわからない。サインもなく地元の人の駐車場所だったり転回場所だったり。平地の少ない集落で困ります。漁村は港に駐める事が多いですが、ここも漁協関係者専用だったりしますからね。間違いないのは神社や集会所の前でしょう。
Commented by mago_emon2 at 2013-07-07 12:54
漁港は空きスペースが多いので一見とめやすそうですが、やはり施設なのでちょっと気が引けますね。ただ訪ねるのはほとんど休日ですので端の方におかせてもらいます。
一番困ったのが福知山市でした。町並の残る付近には全く駐車場というものがないのです。1km離れたところにコンビニがありましたが、結局市役所に置いて積んである自転車で廻りました。自転車があるなら最初からそうしておけばよかったのにね。
書き込みありがとうございます。
このコーナーは、町並の情報だけでなく、時々大幅に脱線する予定です。
その場合もやがては復旧しますが、そんなゆるい進行を考えています。

<< 【旧雑記帳No.29】 記憶の... 鞆まちづくり 議論停滞 >>