府中市、「翁座」取得へ

府中市は11日、上下町にある大正末期に建てられた木造の芝居小屋「翁座」の取得交渉をしていることを明らかにした。白壁の町並み一帯の代表的な建物の一つ。保存と地域活性化への活用を図る。
市議会総務文教委員会で示した。市は「歴史的な価値があり、重要な観光資源。保存活用のために取り組む」と説明。建物と土地のそれぞれの所有者と交渉中で、2018年度末までの取得を目指す。取得後は耐震、防火対策を実施して活用する方針。
白壁の町並みの北端にある翁座は、地元有志の出資で大正末期に着工し、1927年に開場した。回り舞台や「コ」の字の2階桟敷席、縁が丸みを帯びた天井などを備える。かつては歌舞伎が上演され、戦後は映画館としても使われた。上下高演劇部員だった俳優の故平幹二朗さんも足しげく通ったという。
現在はまちづくり団体が管理し、天領上下ひなまつりなど地域の行事に活用している。市は「地域のランドマークの一つで地域振興を考える上で欠かせない施設」としている。
【中国新聞 2018.09.12】

d0328255_21563298.jpg

翁座は全国的にも貴重な芝居小屋建築で、回り舞台や「すっぽん」などの仕掛けがそのまま残り、また観客席も往時のまま保存されている。この小さな町に残ることは非常に価値のあるものだ。ただ消防法上の問題が解決されていないとかで、常時公開はならずイベント時の特別公開を待つしかないのが現状。もっと多くの人に接してほしい、そしてまたここで芝居が復活してほしいものだ。

上下の地元の方々の古い町並や建物の貴重さをとても認識しておられる姿勢は、いつも感銘を受けている。市の管理になることで、それらの実現に向けての具体的な動きを期待したい。

これは2016年秋の町並イベント時の様子。専属の係員による説明もありよく理解できた。










[PR]

# by mago_emon2 | 2018-09-12 22:09 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

旧日銀広島支店の復元工事 3度目も入札不調

広島市が被爆建物の旧日本銀行広島支店(中区)を、1950年代の復旧工事後の姿に復元して博物館にする事業で、4日に実施した入札が不調だったことが分かった。入札不調は3度目で、建設業に広がる人手不足の影響を受けた。予定していた2019年度の完成は困難な見通しで、市は事業内容やスケジュールの再検討を迫られている。
旧日銀広島支店は市重要文化財。復元工事では文化的価値を高めるため、被爆時にガラスが刺さった跡が残る壁などを保存し、後で取り付けた天井板や床材を撤去したり、壁を塗り直したりする。市は4日、文化財補修の実績がある大手ゼネコンなど11社を対象に指名競争入札をしたが、応札がなかった。
17年10月の最初の入札では1社が応札したが、再入札を含めて予定価格を上回った。18年3月は応札がなかった。市などによると、20年東京五輪の関連行事による人手不足に加え、リニア中央新幹線に関わる談合事件などで大手ゼネコンの指名停止が相次ぎ、入札への参加業者が減ったことも影響したとみられる。
工期は当初、17~19年度の3ヵ年だったが、18~19年度の2ヵ年に変更している。今回の不調で、さらなる見直しは必至となった。
市文化スポーツ部は「すぐに入札をやり直しても状況は変わりそうにない。時間をかけ、工事内容や事業の進め方などを再検討したい」としている。
旧日銀広島支店は1936年建設で、鉄筋3階地下1階延べ3214平方メートル。爆心地の南東約380メートルにある。改修後は2、3階部分に海外移民の歴史などを紹介する博物館を設けるほか、国重要文化財への指定を目指す。
【中国新聞 2018.09.08】


d0328255_22183039.jpg

















d0328255_22182526.jpg

















日銀広島支店の外観及び内部(2010年撮影)


旧日銀広島支店、被爆建物としても近代洋風建築としても非常に価値があり、しかもそれらを代表する建物といえるだろう。
建物自体は公開されており、時折企画展なども行われているが、十分活用されているとも、また貴重な建物として認知されているとは今ひとついえないものがある。
建築・土木業界の現場作業員の人手不足は近年深刻で、入札不調という言葉はあちこちで耳にする。
しかしこの業務では市はもしや、予定価格を低く見積していやしないだろうか。
それに大手業者でないと施工不可能な工事内容なのか。
その辺りの詳細が不明なだけに、もどかしいことである。

[PR]

# by mago_emon2 | 2018-09-08 22:30 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

竹原の重伝建40棟浸水

西日本豪雨で、国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)である竹原市本町の町並み保存地区も約40棟が被災した。重伝建の外観を守りながらの建造物の修繕は費用がかさむケースが多いが、今回は大半が行政の補助対象外と見られ、住民から「負担が重い」との声も漏れている。
重伝建は約5ヘクタールで民家や寺社、市の資料館など約360棟の建造物が並ぶ。全壊家屋は幸いにもなかったが約40棟が床上・床下浸水した。江戸期の建物7棟、明治期5棟が被害を受け、18世紀に建てられた県史跡の頼惟清旧宅も床下浸水した。
重伝建エリアには、外観が変化するような改修ができない制約を受けながら、87世帯168人が暮らす。市教委によると重伝建の物件が被災した場合は全壊や半壊に加えて、建物の外観を守るための補修であれば文化庁などから費用の8割の補助が受けられる。
しかし、市教委によると「今回は該当する物件はほとんどなさそう」。金銭的な支援は、家屋が損壊した世帯に贈られる通常の見舞金程度しか期待できないとみられている。
竹原町並保存会の三藤芳輝会長(71)によると、修繕費用や作業が重荷になり、高齢者世帯では被災住宅を手放そうと考える人もいるという。「みんなで守ってきた町並みだが、それぞれ事情がある」と話す三藤会長の自宅も床上浸水の被害を受けている。
被災から1ヵ月が過ぎ、復旧が少しずつ進む竹原市。市教委文化生涯学習課の新潟豊文文化財保護係長は「重伝建内にあるため、修繕費が他地域と比べて大きいのは間違いない。市としてできるだけ支援策を考えたい」としている。
【中国新聞 2018.08.17】

d0328255_22520067.jpg

7月に発生した豪雨は県内各地にも相当な被害をもたらし、未だに復旧途上といったところも多い。
この竹原をはじめとした古い町並もどのような様子か、気がかりながら足を向けられていない。古い建物に留まらず、多くの方々が生活基盤とされている家々が被災しており、まだその段階ではないとも感じる。
そんな中で、竹原の重伝建地区の家々に全壊などの構造的な影響の及ぶ被害が生じなかったのは不幸中の幸いとも言える。しかしそのことで逆に公的補助が得られず、復旧が進みづらくなるのは由々しきことだ。
数年後に様子が変っていないように祈るばかりだ。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-08-17 23:01 | 重伝建保存地区 | Comments(0)  

白壁の町並み 愛する会設立

府中市上下町の白壁の町並みで暮らす住民たちが、「上下の町並みを愛する会」を立ち上げた。町並みが地域資源であることを再認識し、美化活動などに取り組む。国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)の選定を目指すまちづくり団体とも連携していく。
住民や店舗を構える人たち84人が会員になった。町並みは、なまこ壁や格子窓など明治期から昭和期の面影を多く残す。江戸時代の柱やはりを使う建造物も目立つ。事務局は「歴史的な町並みを次世代につなげていくためには住民による組織は不可欠」と説明する。
白壁の町並みは約110軒の民家や店舗で構成。空き家・店舗は24カ所とここ10年に倍増し、解体されて空き地になった場所もある。重伝建を目指す住民グループ「上下まちづくり協議会」は町並み外のメンバーも多く、設立を呼び掛けた。
25日夜に設立会議があり、魅力を高める活動の展開や活性化事業の支援、住民同士の交流など活動方針を確認した。伊藤敏雄会長(65)は「昔はにぎやかだった。住みよく、住んでみたいと思われる街にしたい」と話した。
【中国新聞 2018.07.27】

d0328255_22192360.jpg

上下の町並(2015年撮影)

上下の町並が重伝建選定に向けて動いていることは、昨年の記事で知ることができた。(上下観光 住民盛り上げ)。
まだまだ実態としては、町並を求めて外来客の訪れが目立つとは言い難いが、定期的なイベントや建物の公開など、地元主体で様々な取組をされている姿からその熱心さ、地元の方々の熱い思いを感じる。
会の名前に象徴されるように、町そして町並を愛する方々が多いのだろう。
その結実であるべき重伝建選定を目指してほしいと思う一方、集客に注力する余りの改変は避けていただきたいところだ。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-07-27 22:26 | 古い町並 | Comments(0)  

都市景観大賞で優秀賞(三次「歴史的街並み地区」)

三次市の「三次町歴史的街並み景観形成地区」が2018年度の国土交通省の都市景観大賞都市空間部門での大賞(1地区)に次ぐ優秀賞(3地区)に選ばれた。住民と行政が一体となった歴史的な街並みづくりや地区内での祭りの開催などによる、にぎわい創出が評価された。
同地区のすぐそばには来春、妖怪博物館が開館する予定で、市は「受賞を励みに多くの観光客を呼び込みたい」と意気込む。
同地区は、みよし本通り商店街を中心とした計約1.4キロに石畳が敷かれた約9.2ヘクタールのエリア。明治、大正時代に建てられた昔ながらの町家や、伝統的な防火壁「卯建(うだつ)」のある住宅などが立ち並ぶ。
地元では1994年、まちづくりに着手。商店主たち地元住民が毎年春祭りを開くほか、三次町歴みち協議会を設けて市と連携して、地区内での建物の補修や増改築時には景観に配慮するよう調整や指導を続けている。市は石畳の舗装や電線の地中化、灯籠を設置した。三次地区自治会連合会も、13の小路を生かした町歩きをしやすいよう、マップや石板を制作した。
こうした一連の取り組みが「地域住民と行政が一体となって、道づくり、街づくりを進めてきた。活発な活動も街のにぎわい創出に大きく貢献している」と国に評価された。
市都市建築課は「歴史的な街並みの中に生活と観光が共存している強みを今後も一層磨いていきたい」としている。
【中国新聞 2018.06.21】
d0328255_21111427.jpg
三次町の町並(2008年撮影・石畳調の舗装は施工済)


三次の古い町並は駅から川を隔てた旧三次町にある。初めて町並探訪の目的で訪ねた頃からすると、見違えるように町並が整備された。
地元三次の方々が強く意識され、守るべく努力を積み重ねて来た結果であると感謝したい。
ただ、私が感じるだけかもしれないが、今施工されている石畳調の舗装は今ひとつ町並を引き立たせる効果には乏しく、せめて地道を思わせるカラー舗装に出来なかったものかと思う。
また妖怪博物館とやらが計画されているということはこの記事で初めて知ったが、この町並資源の魅力を、どのような形で伝えようとしているのか。核心がぶれるのではないかと危惧感を抱いてしまう。
この取組が観光客の集客に重きを置くばかりに、あらぬ方向に曲折してしまわないことを切に願いたい。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-06-23 21:12 | 古い町並 | Comments(0)  

吉原家住宅の公開休止

尾道市向島町にある国重要文化財「吉原家住宅」で、日曜・祝日に14年間続いてきた定期公開が、6月から休止となった。築380年を超える豪農屋敷を後世に伝えようと、ボランティアで案内を担った住民グループ「吉原家住宅を守る会」が、メンバーの高齢化で解散した。
吉原家は江戸期に近隣5村の庄屋を世襲で務めた。母屋は1635年築。かやぶき屋根の寄せ棟造りで、はりや柱に異なる木を使っている。1991年、納屋などとともに国重文に指定された。
守る会は2004年、住宅の歴史を広く伝えようと発足。第39代当主の吉原久司さん(68)=同市向東町=の許可を得て、日曜・祝日に門と住宅の鍵を開け、訪ねる人を案内してきた。しかし、20人以上いたメンバーは高齢化などで8人に減少。活動が難しくなり、今年5月27日の公開を最後に解散した。
ゴールデンウィーク時には、県内外から毎日10人以上が訪れたという。守る会メンバーだった藤田久登さん(88)は「解散は残念だが、住宅の歴史的価値を次世代が伝え続けてほしい」と願う。
吉原さんは「母屋の屋根に傷みが出ており、補修を検討する。見学希望の相談には個別に応じたいと話している。
【中国新聞 2018.06.02】


d0328255_16120724.jpg
吉原家住宅


この吉原家住宅は昨年訪ねており、この時もボランティアガイドの方に詳しく説明いただき充実の訪問となった。
拙サイトでもその時の模様を掲載している。
 http://www.kyoshu-komichi.com/jyuyobunkazai15.html

厳かな外見はもちろん、外見内部も収穫したものを貯蔵しておく地下室など非常に貴重な文化財といえるのだが、ガイドの高齢化により公開そのものも中止してしまうとは寂しいことだ。
ガイドする係員無しで受付だけといった形でも難しいのだろうか。
やはり重要文化財の建物は、公開され見学できる状態にしてほしいものである。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-06-03 16:25 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

酒蔵通り一帯を調査へ

東広島市教委は、西条酒蔵通り一帯の街並み調査に乗り出す。地区内にある築50年以上の日本家屋を中心に構造や分布、完成時期を把握。街並みの成り立ちを明らかにして重要伝統的建造物保存地区(重伝建)を目指すかどうかの基礎資料とする。
西条酒蔵通りはJR西条駅南の東西約1.2キロ、南北300~500メートル。通りを含む西条地区では明治、大正期の土蔵など既に73件が国登録文化財になっている。これまで酒造関連施設で調査がされてきたが、一般家屋は対象外だった。
調査では、歴史的なたたずまいを残る木造家屋30~50軒を対象に想定。柱の間隔を測って平面図を作ったり、建築時の状況を聞き取ったりするほか、水路や塀、石造物についても調べる。結果を参考に、街並み全体として保護するかどうかの可能性を探る。
市教委文化課は「調査は街並みの保存方針を判断するため。結果によっては重伝建の指定を目指すことも検討したい」としている。
夏ごろに有識者や市民を交えた委員会を設け、調査は外部の研究機関に委託して進める方針。2019年度末の完了を予定する。
【中国新聞 2018.05.10】
d0328255_23225011.jpg

西条の町並を重伝建に。
正直なところ少し突拍子ないようにも思えるが、酒蔵地区だけが注目されがちなこの界隈、旧山陽道沿いでもあり宿場や町家・商家の面影も少なくない。その貴重さをどこまで詳らかにできるか、その結果によっては案外重伝建級の価値もあるのかもしれない。
もちろん、私も知らないことが沢山ある。重伝建以前にまず調査結果を楽しみにしたい。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-05-10 23:28 | 古い町並 | Comments(0)  

街道東城路 美装化へ

庄原市は2018年度、同市東城町中心部の街道東城路一帯で、市道の美装化に乗り出す。城下町の風情が残る町並みに配慮したアスファルト舗装を施し、魅力ある景観づくりを進め、地域の賑わい創出を狙う。
対象区間は、国登録有形文化財の三楽荘や市まちなか交流施設「えびす」などが立ち並ぶ市道2路線の計560メートル。春や秋には観光客でにぎわう日がある一方、住民の生活道路でもあり、日常的な車の通行量は多い。道幅は5~7メートルで、歩行者と車の距離が近いことが懸念されている。
市はこれまでの灰色の舗装から、車道を周辺の建物に合わせて茶色にし、歩道を灰色にして区別することで、歩行者が安心して散策できるようにする。18年度からの3年間で、美装化と、市道沿いのグレーチングの入れ替えなどをする。総事業費は約1億5千万円を見込む。
また、街道東城路のうち南側の県道部分についても、県に同様の舗装をしてもらうよう、調整を進めているという。
【中国新聞 2018.04.25】

d0328255_22185650.jpg
d0328255_22190695.jpg
東城の古い町並。2枚目は三楽荘


東城は県北東部、景勝地帝釈峡などで知られるが中心部には見応えのある古い町並もある。もっと知られても良いレベルの町並だが、地元の意識は高く時折町並を舞台としたイベントも開かれている。
この舗装改修計画もその表れだろう。
ただ、美装化とあるようにややもすると人工的な色合い、古い町並に不自然な雰囲気を与えることにもなるため、計画は慎重に行ってほしいものだ。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-04-25 22:25 | 古い町並 | Comments(0)