都市景観大賞で優秀賞(三次「歴史的街並み地区」)

三次市の「三次町歴史的街並み景観形成地区」が2018年度の国土交通省の都市景観大賞都市空間部門での大賞(1地区)に次ぐ優秀賞(3地区)に選ばれた。住民と行政が一体となった歴史的な街並みづくりや地区内での祭りの開催などによる、にぎわい創出が評価された。
同地区のすぐそばには来春、妖怪博物館が開館する予定で、市は「受賞を励みに多くの観光客を呼び込みたい」と意気込む。
同地区は、みよし本通り商店街を中心とした計約1.4キロに石畳が敷かれた約9.2ヘクタールのエリア。明治、大正時代に建てられた昔ながらの町家や、伝統的な防火壁「卯建(うだつ)」のある住宅などが立ち並ぶ。
地元では1994年、まちづくりに着手。商店主たち地元住民が毎年春祭りを開くほか、三次町歴みち協議会を設けて市と連携して、地区内での建物の補修や増改築時には景観に配慮するよう調整や指導を続けている。市は石畳の舗装や電線の地中化、灯籠を設置した。三次地区自治会連合会も、13の小路を生かした町歩きをしやすいよう、マップや石板を制作した。
こうした一連の取り組みが「地域住民と行政が一体となって、道づくり、街づくりを進めてきた。活発な活動も街のにぎわい創出に大きく貢献している」と国に評価された。
市都市建築課は「歴史的な街並みの中に生活と観光が共存している強みを今後も一層磨いていきたい」としている。
【中国新聞 2018.06.21】
d0328255_21111427.jpg
三次町の町並(2008年撮影・石畳調の舗装は施工済)


三次の古い町並は駅から川を隔てた旧三次町にある。初めて町並探訪の目的で訪ねた頃からすると、見違えるように町並が整備された。
地元三次の方々が強く意識され、守るべく努力を積み重ねて来た結果であると感謝したい。
ただ、私が感じるだけかもしれないが、今施工されている石畳調の舗装は今ひとつ町並を引き立たせる効果には乏しく、せめて地道を思わせるカラー舗装に出来なかったものかと思う。
また妖怪博物館とやらが計画されているということはこの記事で初めて知ったが、この町並資源の魅力を、どのような形で伝えようとしているのか。核心がぶれるのではないかと危惧感を抱いてしまう。
この取組が観光客の集客に重きを置くばかりに、あらぬ方向に曲折してしまわないことを切に願いたい。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-06-23 21:12 | 古い町並 | Comments(0)  

吉原家住宅の公開休止

尾道市向島町にある国重要文化財「吉原家住宅」で、日曜・祝日に14年間続いてきた定期公開が、6月から休止となった。築380年を超える豪農屋敷を後世に伝えようと、ボランティアで案内を担った住民グループ「吉原家住宅を守る会」が、メンバーの高齢化で解散した。
吉原家は江戸期に近隣5村の庄屋を世襲で務めた。母屋は1635年築。かやぶき屋根の寄せ棟造りで、はりや柱に異なる木を使っている。1991年、納屋などとともに国重文に指定された。
守る会は2004年、住宅の歴史を広く伝えようと発足。第39代当主の吉原久司さん(68)=同市向東町=の許可を得て、日曜・祝日に門と住宅の鍵を開け、訪ねる人を案内してきた。しかし、20人以上いたメンバーは高齢化などで8人に減少。活動が難しくなり、今年5月27日の公開を最後に解散した。
ゴールデンウィーク時には、県内外から毎日10人以上が訪れたという。守る会メンバーだった藤田久登さん(88)は「解散は残念だが、住宅の歴史的価値を次世代が伝え続けてほしい」と願う。
吉原さんは「母屋の屋根に傷みが出ており、補修を検討する。見学希望の相談には個別に応じたいと話している。
【中国新聞 2018.06.02】


d0328255_16120724.jpg
吉原家住宅


この吉原家住宅は昨年訪ねており、この時もボランティアガイドの方に詳しく説明いただき充実の訪問となった。
拙サイトでもその時の模様を掲載している。
 http://www.kyoshu-komichi.com/jyuyobunkazai15.html

厳かな外見はもちろん、外見内部も収穫したものを貯蔵しておく地下室など非常に貴重な文化財といえるのだが、ガイドの高齢化により公開そのものも中止してしまうとは寂しいことだ。
ガイドする係員無しで受付だけといった形でも難しいのだろうか。
やはり重要文化財の建物は、公開され見学できる状態にしてほしいものである。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-06-03 16:25 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

酒蔵通り一帯を調査へ

東広島市教委は、西条酒蔵通り一帯の街並み調査に乗り出す。地区内にある築50年以上の日本家屋を中心に構造や分布、完成時期を把握。街並みの成り立ちを明らかにして重要伝統的建造物保存地区(重伝建)を目指すかどうかの基礎資料とする。
西条酒蔵通りはJR西条駅南の東西約1.2キロ、南北300~500メートル。通りを含む西条地区では明治、大正期の土蔵など既に73件が国登録文化財になっている。これまで酒造関連施設で調査がされてきたが、一般家屋は対象外だった。
調査では、歴史的なたたずまいを残る木造家屋30~50軒を対象に想定。柱の間隔を測って平面図を作ったり、建築時の状況を聞き取ったりするほか、水路や塀、石造物についても調べる。結果を参考に、街並み全体として保護するかどうかの可能性を探る。
市教委文化課は「調査は街並みの保存方針を判断するため。結果によっては重伝建の指定を目指すことも検討したい」としている。
夏ごろに有識者や市民を交えた委員会を設け、調査は外部の研究機関に委託して進める方針。2019年度末の完了を予定する。
【中国新聞 2018.05.10】
d0328255_23225011.jpg

西条の町並を重伝建に。
正直なところ少し突拍子ないようにも思えるが、酒蔵地区だけが注目されがちなこの界隈、旧山陽道沿いでもあり宿場や町家・商家の面影も少なくない。その貴重さをどこまで詳らかにできるか、その結果によっては案外重伝建級の価値もあるのかもしれない。
もちろん、私も知らないことが沢山ある。重伝建以前にまず調査結果を楽しみにしたい。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-05-10 23:28 | 古い町並 | Comments(0)  

街道東城路 美装化へ

庄原市は2018年度、同市東城町中心部の街道東城路一帯で、市道の美装化に乗り出す。城下町の風情が残る町並みに配慮したアスファルト舗装を施し、魅力ある景観づくりを進め、地域の賑わい創出を狙う。
対象区間は、国登録有形文化財の三楽荘や市まちなか交流施設「えびす」などが立ち並ぶ市道2路線の計560メートル。春や秋には観光客でにぎわう日がある一方、住民の生活道路でもあり、日常的な車の通行量は多い。道幅は5~7メートルで、歩行者と車の距離が近いことが懸念されている。
市はこれまでの灰色の舗装から、車道を周辺の建物に合わせて茶色にし、歩道を灰色にして区別することで、歩行者が安心して散策できるようにする。18年度からの3年間で、美装化と、市道沿いのグレーチングの入れ替えなどをする。総事業費は約1億5千万円を見込む。
また、街道東城路のうち南側の県道部分についても、県に同様の舗装をしてもらうよう、調整を進めているという。
【中国新聞 2018.04.25】

d0328255_22185650.jpg
d0328255_22190695.jpg
東城の古い町並。2枚目は三楽荘


東城は県北東部、景勝地帝釈峡などで知られるが中心部には見応えのある古い町並もある。もっと知られても良いレベルの町並だが、地元の意識は高く時折町並を舞台としたイベントも開かれている。
この舗装改修計画もその表れだろう。
ただ、美装化とあるようにややもすると人工的な色合い、古い町並に不自然な雰囲気を与えることにもなるため、計画は慎重に行ってほしいものだ。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-04-25 22:25 | 古い町並 | Comments(0)  

酒蔵通り 景観整備

東広島市は2018年度、JR西条駅前の酒蔵地区を東西に走る市道、西条本通線(西条酒蔵通り)を美装化する工事に着手する。一部区間で電線を地中化し、側溝をブロックで覆う。散策する観光客や住民が安全に歩ける環境を整え、趣ある景観を守る狙い。今春に施工を始め、22年度の完了を目指す。

通りは旧山陽道にあたり、酒蔵群が集まる地区のメイン通り。生活道として車通りも多いが、道幅が5~7メートルほどと狭く、歩行者や車が擦れ違いにくい区間もある。
市都市整備課によると、駅前の幹線道ブールバールから東へ約200メートルの区間で電柱6本を撤去し、ケーブル類を埋める。また、その区間を含む約480メートルでは、側溝を舗装用のブロックで覆って車道と区別し、歩行者のスペースを確保する。
市は4~5月中に工事を始める方針。総事業費は5億4700万円。このうち18年度分の事業費として、市議会定例会に提案中の一般会計補正予算案に2億4600万円を盛り込んだ。
通りの美装化は、住民でつくる「酒蔵地区まちづくり協議会」が03年に市へ提案するなど長年の課題だった。市は15年度から調査や設計を進めていた。都市整備課は「観光客がまた来たいと思えるような落ち着いた景観を整え、地区の活性化につなげたい」としている。
【中国新聞 2018.03.17】
d0328255_22072838.jpg
電線を埋設して電柱をなくし、路面を美装化する。
私個人的な感想を言わせてもらうと、それがややもすると景観整備事業としてある意味画一化の方向に走るやにも思えるのだが、一体どのような出来形になるのか、期待半分危惧半分で見守ることにしたい。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-03-18 22:07 | 古い町並 | Comments(0)  

どう結ぶ(大久野島・重伝建)

呉高専(呉市)の神田佑亮教授(41)=交通計画=と学生25人が17日、竹原市の大久野島(忠海町)と町並み保存地区(本町)を訪ね、この2大観光地を結ぶ交通手段の現状や改善点を調べた。
午前10時に忠海港に集まり、客船で大久野島に渡って散策した。午後は順次、忠海港近くのJR忠海駅から呉線で3駅先の竹原駅に移動。国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)でもある町並み保存地区を巡った。
学生は「船と呉線の接続が悪く、待ち時間が長い」「忠海港や船内で他の観光地を紹介する資料が少ない」などの気付きを交換しながら移動していた。
大久野島は生息するウサギの動画がインターネットで広がって、観光客が急増。半面、町並保存地区を素通りし、関西地方などに向かうケースが目立つ。神田教授は、市が大久野島の観光客を市内の他の観光地へも誘うための模索を続けていることを知り、調査することにした。
3月中に利便性などの改善点をまとめ、市や県に提案する。環境都市工学科5年の大室ひなさん(20)は「島も古い町並みも魅力的だった。うまくつなげる案を考えたい」と話していた。
【中国新聞 2018.02.18】

d0328255_23062220.jpg
大久野島の海景

私も去年ようやく大久野島を訪ねたのだが船に積み残しが出るのではと思えるほどの賑わいだった。ネットの力というのは絶大と思う一方、「うさぎ」だけが目的というのなら、何ともったいないと私は思ってしまう。
うさぎの島というところが先行して、単にうさぎを観察し撮影することだけに終始するというのなら、全く本質を見ずして帰ってしまうことになる。せめて、島内の戦争遺跡の一つでも見てほしいもの。そもそもうさぎそのものも戦争遺産と言ってよいものなのだから。
もっというと、竹原の本町地区のみならず、大久野島への船の出る忠海にも古い町並がしっかりと息づいている。



[PR]

# by mago_emon2 | 2018-02-18 23:08 | その他 | Comments(0)  

被服支廠補修4億円

広島市内で最大級の被爆建物で、具体的な保存・活用策が決まっていない旧陸軍被覆支廠(ししょう・南区)について、広島県が、現存4棟のうち1棟を対象にした本年度実施した現地調査に基づく補修や耐震化の概算費用が17日、分かった。対象の1棟について4パターンで試算し、劣化防止の補修で約4億円、耐震化で約12億~33億円かかるとした。県は、補修を前提に、この1棟の活用策を探る方針を固めた。
県は4棟中3棟を所有。最も北側の1号棟の柱や鉄筋、れんがを抽出して強度を調査し、1号棟の改修パターンと費用を①外観を保全する補修が約4億円②内部の一部活用を想定し、全体を耐震化が約23億円④博物館など内部の全体活用を想定し、全体を耐震化が約33億円―とした。
①の補修は、雨どいや排水管などの防水設備、屋根瓦の劣化を食い止める対策などを施す。県は当面、1号棟の補修を前提として、建築の専門家たちと効果的な工法を2018年度に検討。現時点で補修を予定しない他の所有2棟を含め、見学者たちを呼び込める活用策を引続き進める。
県は、1996年の調査で1棟全体の耐震化に約21億円、博物館として活用する場合に約36億円かかると試算。今回の調査では、耐震工法の進歩などでコストが下がることも期待していたが、数億円の縮減にとどまった。
被覆支廠は、ロシアのエルミタージュ美術館の分館誘致構想が白紙になった06年以降、具体的な活用策の検討が停滞。県が昨年8月、活用策の検討に向けて約21年ぶりに現地調査に乗り出していた。
【中国新聞 2018.01.18】
d0328255_22500578.jpg














この被服支廠の建物群、時折市民団体の主催などで見学会が催されているが、安全性から内部見学は定員制であることもあって人数制限があり、私も参加できていない。それだけ関心も高い建物といえる。
活用のレベルと費用、それを高いと見て回避するか、価値があるものと踏みとどまるか。
折しも呉市に残る青山クラブの建物も、複数案で検討した結果全面保存の方向で動き出すという話題があった。
この被服支廠は保存する価値としては、さらに高いものがあるはずだ。





[PR]

# by mago_emon2 | 2018-01-20 23:01 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

堀内邸 訪日客観光拠点へ

尾道市は、かつて塩づくりで栄えた同市瀬戸田町の豪商の屋敷「堀内邸」を観光拠点として活用する方針を固めた。堀内邸は明治初期の建築で、昨年11月に所有者が市に寄付した。市は、増加する訪日客向けの宿泊施設などとしての利用を想定し、年内にも具体的なアイデアを公募する見通し。既に複数の民間事業者が関心を示しているという。

堀内邸は瀬戸田港に近い耕三寺の参道の「しおまち商店街」沿いに立つ。製塩業や海運業を営んだ堀内氏が1876年に建てた。1950平方メートルの敷地に木造一部2階建ての母屋、土蔵、茶室などが配されている。建物の延べ床面積は計約750平方メートル。堀内氏の子孫が市に寄付した。
市は、同町を通る瀬戸内しまなみ海道のサイクリング人気を背景に、堀内邸を活用すれば訪日外国人の集客を促すと判断。まず2018年度は、老朽化が目立ち活用が難しいとみる茶室(11平方メートル)の解体に着手する。
市は並行して、運営委託なども念頭に、民間の資金とノウハウの導入の検討を進める。近年、堀内邸には民間事業者の視察が相次いでおり、年内にも活用のアイデアを募る。関係者によると、瀬戸内海沿岸7県の観光産業の活性化に取り組む官民組織「せとうちDMO](広島市中区)や、東京のホテル運営事業者などが関心を示しているという。
堀内邸を巡っては、過去にも一般公開など観光資源としての活用を求める声があった。しかし、敷地が広くコストがかさむため頓挫した経緯がある。市瀬戸田支所の田坂昇支所長は「瀬戸田町にも夏を中心に訪日客の姿が目立つようになった。堀内邸の活用でさらに集客力を高めたい」と話している。
【中国新聞 2018.01.09】

d0328255_22394589.jpg














瀬戸田の港に近いこの堀内邸は周囲に圧倒的な存在感を示す旧家で、私が最後に訪ねた時は現住の状態だった。
しまなみ街道が出来てからは耕三寺を訪れる客も通過しなくなり、この界隈はひっそりしている。この邸宅がなくなると、港町としての町並の顔を失うことにもなるため、状態の良いうちに何らかの活用が見込めそうなこの記事を見て、安堵感を抱いた。
しかし、ターゲットを訪日客に絞るというのは如何なものか。
それが最も採算的に成立すると見込まれることから最有力案なのだろうが、常時でなくとも一般に見学できるようにするなど、広く瀬戸田のシンボルとして知られるものになってほしいものである。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-01-10 22:41 | 伝統的建造物 | Comments(0)