白壁レストラン半年ぶり

昨年10月の地震で大きな被害の出た倉吉市の白壁土蔵群で、国登録有形文化財の建物を利用したレストラン「白壁倶楽部」が約半年ぶりに営業を再開した。伝統的建造物群保存地区のシンボル施設の再建に、地元関係者は「復興への弾みに」と期待を寄せている。

白壁倶楽部は1908年建設の旧国立第三銀行倉吉支店を活用し、同市の社会福祉法人「和(なごみ)」が2011年3月、障害者が働く福祉サービス事業所として開設した。土蔵造り2階建てに50席を設け、障害者6人と職員5人で運営。地元の食材を使ったランチやディナー、レトロな店内が特徴で、観光客や住民たち年間約2万人の利用があった。
昨年10月21日に同市で震度6弱を観測した地震により、内外壁が大規模に崩落したため、近くに仮店舗を設けて営業していた。県と連携する日本財団から約2100万円の補助を受け、12月から壁の修復や耐震化を進めていた。八渡和仁施設長は「被災した住民の励みになれば」と話している。
【中国新聞 2017.04.04】
d0328255_23074839.jpg
















旧国立第三銀行倉吉支店(2009年撮影)


この旧銀行の建物は、倉吉の古い町並の中心からはやや離れているため一般の探索客は、もしかすると訪ね損ねている方もあるかもしれない。しかし、その歴史もともかく独特の外観もとても貴重なもので、レストランとして活用されているのも最近知ったことなのだが地震に耐え営業を再開されたという報せは嬉しい。
なお、倉吉の古い町並というと、この記事にも書かれているように白壁土蔵群ばかりが注目されるのだが、これは商家の裏手に当たる部分であり、表の主屋のたたずまいに実際重厚な見ごたえがある。地震前の健全な姿を取り戻せる日が早くやってくることを祈るばかりだ。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-04-05 23:19 | 重伝建保存地区 | Comments(0)  

生活道整備か景観保存か 架橋撤回 知事、鞆で説明

鞆港埋め立て・架橋計画の撤回について、鞆小で開かれた2日の湯崎英彦知事による地元説明会。住民からは架橋計画の賛否そのままに、湯崎知事への批判と評価の声が飛び交った。生活道路の整備か、景観や町並みの保護か―。相いれない形で、それぞれの思いが色濃くにじんだ。

「命の道を断ち切った。代わりになる生活道路を身をもって考えてほしい」。鞆港西側の平地区の住民たちは、狭い道幅や地域の衰退など、生活道路に関わる課題を指摘。架橋計画を撤回した理由説明に、納得できないとする意見が続いた。
代替として示す山側トンネル案について、商店経営武内孝之さん(40)は町内の交通量が減ればコンビニなどの経営が厳しくなると懸念し、「地元の生活を何も理解していない」と憤った。途中退席した無職男性(72)は、「トンネル案の安全対策が聞きたかった。昔から鞆で生活する住民の声を聞いていない」と不信感をあらわにした。
架橋反対派の住民を中心に、計画撤回を「知事の英断だ」と理解を示す意見も相次いだ。県の事業案に多くの部分で賛同という無職平田由紀さん(58)は「鞆の景色や町並みという財産を、次世代にそのまま渡したい」と受け止めた。
約2時間半、対立し続けた意見に、戸惑う人も。鞆町育ちの大学生女性(21)は「住民側の時が止まっている。もっと未来のことを話し合う場であってほしかった」と肩を落とした。飲食店経営の箱井琴子さん(65)は「架橋賛成、反対どちらの意見も分かる。住民同士がいがみあっていても前に進まない」と懸念を口にした。
【中国新聞 2017.04.03】
d0328255_21421315.jpg
鞆の町並の南西端付近。平地区はこの先にある。


鞆の町中にある県道の幅員の狭い区間。一言でいえば、これさえなければ一連の架橋埋立て計画に対する論争が生じることもなかったわけだ。
この狭小区間の影響をまともに受けるのが、鞆地区の中心の南西側にある平地区。一方で観光ホテルなどもある東海岸地区などは、賛成でも反対でもないという住民も少なくないのではないだろうか。
この知事訪問を控えた3月29日の記事にも取上げられている。
そこには、平地で将来の架橋を睨んで宅地や畑が県に買収された歴史も紹介されている。古くからの港町・漁師町であり、代々の住民の先祖からの思いもあるだろう。
地元のしがらみ的なものを全て汲むのは当然無理がある。住民一戸一戸の負う歴史、思いは一つとして同じものはないだろうし、全住民が満足する解決策はあるはずはない。
ただこのまま手を拱いていてもいいはずは無い。
そしてこの論争によって、古い町並の保存が遅れに遅れていることが何よりも気がかりだ。
今年になって、ようやく重い舵が切られたようだが・・。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-04-03 21:50 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

鞆の伝建保存計画諮問

福山市教委は27日、同市鞆町の伝統的建造物群保存地区(伝建地区)の保存計画を、学識経験者や地元住民たち15人でつくる保存審議会に諮問した。計画は、港町の繁栄の歴史を物語る建造物などを保存し、将来に伝える目的で策定。国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)選定に向けた重要なステップとなる。
伝建地区は町中心部の8.6ヘクタール。江戸時代の町家などの歴史的建造物と港湾施設があり、商業都市として栄えた港町の特徴を残す。計画案では、地区内の主屋や土蔵、門塀など280棟を保存すべき伝統的建造物の候補とした。石灯籠や船をつなぐ石、石垣などの工作物も定めた。
町並み保全のため、建設行為の許可基準を設ける。伝統的建造物を修理する場合は原則、建物の歴史を踏まえて復元。それ以外の建物の改築の場合も、屋根や壁を町並みと調和させる修景基準を設定した。修理と修景は助成対象となる。
ほかに、保存・管理の相談窓口となる施設の整備、所有者の組織「町並み保存の会」の設立などを記載している。
審議会は2001年度に一度、保存計画を答申したが、県道拡張の都市計画を廃止できず、告示できなかった。会長に就いた福山大の鎌田輝男名誉教授は「重伝建としての価値は十分にある地区。保存計画をまとめ、国の選定につなげたい」と話した。
今後、審議会を2回ほど開いて計画内容を詰めるとともに、地元住民の意見も聞く。市教委は5月中に答申を受け、6月に告示する方針。
【中国新聞 2017.03.28】

d0328255_21481725.jpg

今年になって、町並保存の側面で鞆はようやく本格的前進を始めた。
もちろん重伝建選定が達成できればそれがゴールではないが、鞆の場合、選定に匹敵する建物群の質と量は十分満たしており、町並の保存という面では大前提といえるので、まずはそこを足掛かりにし、貴重な伝統的建物が失われるのを食い止めてほしいものだ。
ぜひとも、本年中に実現してほしい。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-03-28 21:52 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

賀茂鶴・白牡丹の関連施設 国登録文化財へ

10日の文化審議会の答申で、東広島市西条地区の酒造2社の関連施設29件が国の登録有形文化財に登録される見通しとなった。昨年8月に登録された5社42件と合わせ、同地区にある酒造全7社の施設がそろった。
いずれも江戸中期から昭和期にかけて造られた。賀茂鶴酒造は、木造2階建て洋館の本社事務所やれんが造りの煙突4本など19件が登録される。藤原昭典社長(64)は「まちづくりや観光に生かしたい」と喜んだ。
白牡丹酒造は、延宝蔵南端棟や大正期に建てられた町家の母屋など10件が認められる。島治正社長(51)は「施設を守り続ける責任の重さを痛感する」と話した。
こうした文化財は、一帯が宿場町から酒造地に変遷した歴史を伝える。市教委は今後、同市黒瀬町などの酒造関連施設の登録も目指す。
【中国新聞 2017.03.11】
d0328255_22310589.jpg
賀茂鶴酒造事務所

西条の酒造地区は、私個人的な感想では古い町並としての魅力よりも酒都の観光要素としてのイメージが勝ってしまっていて、少しランクは下がってしまう。しかし個々の酒蔵や事務所、煙突のある風景は独特のもので、それらが登録文化財として認められたのはうれしいことだ。
これらの建物があることで酒どころとしての価値も高まると思う。希望を言えば駅を挟んで西側の街道沿いの伝統的建物も巻き込んでの動きを期待したい。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-03-11 22:37 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

鞆の伝建保存計画策定

福山市教委は17日、同市鞆町の伝統的建造物群保存地区(伝建地区)の保存計画の策定を始めると明らかにした。国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)の選定の申し出に必要な計画で、6月にも計画を告示する方針。町家の傷みが進む中、重伝建選定も見据えて町並みの保存を急ぐ。
伝建地区は8.6ヘクタール。地区内の約600棟のうち、昭和初期以前に建てられた伝統的建造物がおよそ半数という。江戸時代の建築物も約100棟あり、全国有数の多さを誇る。
保存計画では、町並み保存の基本的な方針を示し、伝統的建造物を特定。保存整備の方法や助言措置などを定める。市教委は3月、学識経験者や地元住民たち15人でつくる保存審議会に計画を諮問。答申を受け、6月に告示する予定という。町家を修理したり、周囲に合わせて修景したりする際の基準が明確になる。
伝建地区は2008年3月、地区を貫く県道の拡幅計画の廃止と合わせて都市計画決定した。同時期に保存計画を作るのが一般的だが、鞆港埋め立て、架橋計画による道路課題の解決と合わせて、重伝建を目指していたため進まなかった。
市議会文教経済委員会で示した。市教委文化財課は「住民の生活に関わるので地元には丁寧に説明したい。重伝建は国や県と協議して進める」としている。
同町で町並み保存を訴えてきた保命酒店主の岡本純夫さん(65)は「対応は遅れたけれど、保存計画の策定は一歩前進。町家の所有者も老いていくので、重伝建の選定を急いでほしい」と要望する。
【中国新聞 2017.02.18】


d0328255_14260088.jpg

2月11日付記事の続報。重伝建地区選定に向けて具体的な動きを始めたようだ。
この保命酒店主の言葉のように、町家も所有者も高齢になりこのあたりで一定の保存基準とそれに伴う補助を得ないと、古い町並としての鞆は失われていく一方だ。
埋立ての計画、道路整備計画が決定しないために町並保存が棚上げとなる事態がずっと続いていたことは大いに問題だった。
それが解決した今、市のみならず住民、そして訪れる客も含めて伝統的建物・町並の貴重さを認識して、保存に向けて梶を切ってほしいものだ。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-02-19 14:34 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

鞆の保存計画策定へ

福山市教委が、歴史的な町並みが残る同市鞆町の伝統的建造物保存地区(伝建地区)の保存計画策定に着手する方針を固めたことが10日、分かった。国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)選定の申し出に必要な計画で、早期選定を目指すとみられる。
伝建地区は8.6ヘクタールで、昭和初期以前に建てられた伝統的建造物が約300棟あり、うち約200棟は江戸・明治期の建築。老朽化が進む中、市は計画策定に踏み切るとみられる。
保存計画では、町並み保存のための基本的な方針を示し、伝統的建造物を特定。保存整備の方法や、所有者が行う建物修理への助成などを定める。計画ができると、伝統的建造物を回収する際に使う屋根や壁の材料などの基準が、より明確になる見通し。
市教委は本年度内にも市伝建地区保存審議会に、保存計画を諮問。文化庁や広島県教委の指導・助言も受けながら、夏までには計画の告示を目指す方向という。
市は2008年3月、伝建地区の都市計画決定と同時に、建物に影響を与えかねないとして、地区内で予定されていた県道拡幅計画の廃止に同意。交通対策の鞆港埋め立て・架橋の推進と、重伝建選定を目指してきた経緯がある。県が12年に架橋計画の撤回を表明した後は、市は重伝建選定を急ぐとする一方、住民の意向を慎重に判断する姿勢を見せ、計画策定は進めていなかった。
【中国新聞 2017.02.11】

d0328255_21561498.jpg
鞆の町並の重伝建保存地区への動きは、40年近く前、重伝建制度が始まった頃にまで遡る。それを妨げていたのが架橋計画。建造物の保存を目指す地区に、それを壊す計画(架橋以外に現況道路の拡幅案があった)があっては矛盾するという理由である。
架橋計画の撤回後、一気にその動きが高まるものと見ていたのだが、何故だかそれ以後重伝建への動きのみならず様々な動きが停滞しているように感じていた。
選定には住民の意識の高まりももちろん必要だが、自治体の動きも欠かせない。その両方が揃わないと進めない。
これまで市が細々ながらも伝統的建物の維持保存を行ってきたが、町並全体としての保存は、もう待ったなしの状況に差し掛かっている。
近いうちに選定されるものとの安心感を得るにはまだ早いが、かなり前進しているというのは間違いなかろう。
続報を期待したい。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-02-11 21:56 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

宮島 町並み保存へ助言役

世界遺産の島・宮島(廿日市市)の町並み保存を加速させようと、市は広島工業大の森保洋之名誉教授(72)を宮島まちなみ・まちづくりアドバイザーに任命した。島中心部で国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)選定を目指す中、宮島の町家にも精通する建築計画の専門知識を施策に活用していく。
森保氏は1月から週一回登庁。建築指導課の机に着いて職員の相談に応じ、会議への出席も重ねる。今月2日には、関係職員14人を集めた勉強会を開催。町並み保存の対象地域にある建物の修理基準などを定めるガイドラインの必要性を説き、学識者や先進地の住民など助言を求める人材を紹介した。
森保氏は、広工大が宮島に構える学習センター「宮島こもん」の世話人などを歴任。島内のまちづくりや景観に詳しく、住民とも率直な意見交換ができる関係を築いている。宮島の町並みの魅力を「質素で落着いたたたずまい」と指摘し、「町家を良い形で修理し保存していけるようにアドバイスしていきたい」と話す。
市は、江戸期からの民家が点在する町家通り一帯など約18ヘクタールの重伝建選定に向けた条例を2015年に制定。担当職員を宮島に常駐させるなど取り組みを進めている。市建設部の向井敏美・都市建築担当部長は「宮島に詳しい専門家が身内になった。遠慮なく助言を求め、良いまちづくりを進めたい」としている。
【中国新聞 2017.02.07】

d0328255_21245451.jpg

宮島の町並保存に関しては、今からほぼ1年前にもその動きを伝える記事があった。大学教授などの学識者の視察などが行われたという内容だった。
http://machiissue.exblog.jp/22881128/
外部による調査段階だった昨年に対し、今回は具体的な保存の実務に関する人事に関してだ。選定後をにらんでの動きだろう。
実際町家通りを中心として、重伝建地区に匹敵する古い町並が保持されているが、観光客に認知されているとは言いがたい。団体客の往来の多い地区と同じような賑わいなる必要は無いが、その貴重さを理解していただける個人客を中心にもう少し知られるところとなってほしいものだ。



[PR]

# by mago_emon2 | 2017-02-08 21:35 | 古い町並 | Comments(0)  

廉塾 19年度から整備


江戸期の儒学者菅茶山が福山市神辺町に開いた廉塾と、茶山の旧宅の保存活用計画案を、同市教委が1日、示した。国の特別史跡で、江戸中後期の教育環境を伝える希少な史跡として、当時を追体験できる空間づくりや、周辺の文化財と連携した活用を進める。2019年度から5年間で整備をする方針。
市内であった策定委員会の最終会合で説明した。計画案によると、史跡内を建造物、菜園、緑地の3エリアに分けて保存。現存する講堂や寮舎、米蔵などは、傷みが目立つ床や壁、屋根を修復する。史跡内には説明板やベンチを設け、情報通信技術(ICT)を使った案内も検討する。
近くの県史跡・神辺本陣跡や茶山の墓の保存にも取り組み、近世山陽道の町並みと合わせて活用する。整備には、今後実施する発掘調査の結果も反映させる。付近にあり、茶山が初めに開いたとされる別の私塾跡などの追加指定も検討する。
ほかに計画案は、所有者が担っている史跡の管理について、将来的に市が担う検討も必要とした。
委員の一人で、住民たちでつくる菅茶山顕彰会の鵜野謙二会長(77)は取材に、「保存活用を通じて史跡の価値を高め、地域の魅力の発信につなげてほしい」と話した。
広島県内の国特別史跡は廉塾と厳島(廿日市市)だけ。福山市が17年度の申請を目指す日本遺産のストーリーづくりの中心的役割が期待されている。
【中国新聞 2017.02.02】

d0328255_00073219.jpg廉塾の講堂(上)と旧神辺本陣













d0328255_23280519.jpg












神辺のこの周辺は旧山陽道沿いに面し、例年秋に街道沿いでイベントが開催される。このときには廉塾と旧本陣の建物内が公開される。
一昨年私もこのイベントを訪ねたが、両建物ともかなり痛んでいるのが気になった。
方針というのだからまだ決定ではないのだろうが、一旦公言した限りは必ず実行して貰いたいものだ。
この二つの建物の存在は山陽道沿いの古い町並を訪ねるにあたっても、その価値がとても大きいものだ。
できることなら、健全な姿で常時公開されることを望む。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-02-04 00:17 | 伝統的建造物 | Comments(0)