<   2016年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

鞆港の雁木 大規模修復へ

広島県は年内に、福山市鞆町の歴史的な港湾施設である階段状の石積み「雁木」の復元に着手する。長年の潮にさらされて傷み、下部の砂利や土が抜け出して崩壊の恐れがあるため。市教委によると、鞆港の北側と東側の雁木の大掛かりな修復は、幕末から明治とされる築造以来、初めて。
県東部建設事務所によると、本年度は北側(46メートル)の復元を始める。長さ1.5メートル前後の石材約210個を取り外し、下部の状況を確認。土が抜けるのを防ぐシートを敷き、石材下の流出した砕石を補充、石材を築造当時の状態に敷き直す。
応急的な補修に使われてきたコンクリートは剥がし、なくなっている石材は、笠岡市の北木島産の石材で補う。工期は2017年7月までを見込む。続いて、隣り合う東側(68メートル)を復元する。工事に合わせて、市教委と県教委が細部の構造を確認し、発掘調査をする。
鞆港西側にある1818年築造の大雁木(42メートル)は1989年に修復を終えた。県は防災対策の一環で、雁木の背後に、台風や津波時に起こす起伏式ゲートを整備する方針だが、工事時期は未定としている。
鞆港の雁木は00年、常夜灯などとともに市と県が埋蔵文化財に位置付けた。市教委は、鞆港ほど連続して残っているのは全国で例がないとする。県東部建設事務所は「多くの人が注目している。文化財としての価値を守りながら安全な施設に復元し、後世に残したい」とする。
【中国新聞 2016.10.21】

d0328255_21441032.jpg

d0328255_21441817.jpg
雁木の残る港の風景。石積には所々ゆがみの見られる箇所がある(2013年撮影)

雁木は地域によっては雪道でも歩道を快適に歩けるための木製の構造を差すが、ここではこの写真のような船着場に設けられた階段状の石積のことをいう。町並とともに港湾的な遺構も質量ともに優れたものがあり、改修保存されるのは喜ばしいことだ。それも外観上は極力原形を保持するように工夫されるようで、期待したい。
雁木をはじめとした港の風景があることで、古い港町の町並の価値も高まるものだ。


[PR]

by mago_emon2 | 2016-10-21 21:56 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

街道の趣 どう守る

江戸期から昭和初期の古民家が残る広島市安佐北区可部地区の旧雲石街道一帯の景観保全が曲がり角を迎えている。出雲、石見両街道が合流する交通の要衝として栄えた往時の町家は改修費がネックとなり、空き家になったり解体されたりして景観は年々変化する。
情緒ある通りを守るためには地域全体の機運の高まりが欠かせない。

JR可部駅から北へ約600メートル。かつては人通りでにぎわった同街道の「折り目」は日中、国道183号線の抜け道としてひっきりなしに車が行き交う。昔のたたずまいが年々失われる中、江戸時代から続く入江呉服店の一角が8月下旬、カフェサロンに生まれ変わった。
「古民家が取り壊され、町の趣を失っていく流れに一石を投じたかった」と同店代表の入江乙彦さん(72)。町家の特徴である卯建を修繕し、店内は天井を剥いで木組みの梁を見せるよう改修。古民家の風情を生かしたカフェに改修し、コンサートも毎月開く。

街道沿いの古民家の保全活動に取り組む住民グループ「可部夢街道まちづくりの会」によると、昭和初期には「折り目」を中心にした南北1.5キロに計281軒があったとみられる。しかし、2004年の調査では江戸から昭和初期に建てられた古民家は50軒に。15年3月には37軒に減った。多くが取り壊され、鉄骨建て住宅やアパート、駐車場に姿を変えた。
住民も手をこまねいていたわけではない。まちづくりの会は10年、沿道の14自治会・町内会に呼び掛けて景観保全のための実行委員会を結成。家屋の新築・改修時に切り妻屋根や格子窓を採用することや木製の郵便受けの設置など、住民が自主的に取り組む約40項目のガイドラインを示した。ただ、一定の成果はあったものの、街道全体では思うような効果が出ていない。

最大の壁は古民家の改修費だ。まちづくりの会が古民家の所有者に意識調査をしたところ、「解体せずに古民家の風情を残してリフォームしたいが、経済的な負担が大きい」との声が多かった。このため、昨年6月、市に要望書を初めて提出。改修の補助金や空き家バンクの創設を求めた。
これに対し、市は町並み保全の気運がさらに盛り上がることを前提に「補助金制度を含めた支援の在り方を検討したい」と答えた。まちづくりの会の梶川暢之会長(82)は「期待した即効性のある返答ではなかった。時間をかけているうちに、どんどん古民家が減ってしまう」と嘆く。
まちづくりの会は毎年、街道沿いの古民家や商家約30~40カ所を開放し、餅つきや琴の演奏会を開くイベント「可部の町めぐり」を開催するなど、人の呼び込みには一定の成果を上げてきた。ただ一方で、古民家の所有者の世代交代が進む中、景観保全に向けた地域の動きは盛上がりに欠けている面も否めない。
可部地区は戦後、大型店の進出や住宅団地の開発が進んだ一方、昔の面影を残す街道の景観は高い評価を受けている。住民が話し合う場を設けて地域の財産を見つめ直し、景観保全の気運を高めて行政を巻き込んだ取り組みにしていけるか。地域の底力が問われている。
【中国新聞 2016.10.06】

d0328255_15403795.jpg
「折り目」付近の風景。伝統的な建物が残る一方、下のように取り壊され撤去された旧家も見られる。(2014年撮影)
d0328255_15395630.jpg

可部地区の町並は、「可部の町めぐり」開催時をはじめ何度も訪ねているが、古い建物が年々少なくなっていることに私も危惧を抱いている。
自治体による古い建物の保全に対する補助。これは規模や形は自治体により様々だろうが、補助が行われている例は地方の小都市に至るまであちこちで眼にする。
市はそのような事例に携わった実績もなく、曖昧な返答しかできなかったのだろう。古い町並といえるのはこの可部地区くらいしかないからだ。

記事にあるように、イベントは古い町並・旧家の知名度を上げるには有効だ。しかし、では実際伝統的建物の保持という具体的な話になると、公の補助がなければ各家の持主の判断に任せるほかない。残さねばならないという思いはあっても、経済的その他の理由で個人が行える範囲は非常に限られている。
早く公費補助が受けることができる日が来ることを祈りたい。

例年10月に行われる「可部の町めぐり」は、今年も16日(日)に予定されている。
http://www.kominka-hiroshima.org/1644

[PR]

by mago_emon2 | 2016-10-08 15:43 | 古い町並 | Comments(2)  

鞆まちづくり新局面

福山市鞆町の鞆港埋め立て、架橋計画が白紙に戻った後の同町のまちづくりが、枝広直幹市長の誕生で新局面を迎えた。広島県との連携強化による課題解決に期待がある一方、「地元の多様な意見を聞いて」と求める声もある。地域の将来像を共有し、まちづくりを加速させるか、住民が注目している。
9月に就任した枝広市長は、開会中の市議会本会議で「交通処理や防災対策はまちづくりの根幹」とし、県事業の早期実現に向けて地元との橋渡しに努めるスタンスを説明した。さらに「(架橋の代替案の)山側トンネル案は、しかるべき時期に件から住民に具体的な説明をし、議論をしていただきたい」と延べた。
湯崎英彦知事が約30年来の架橋計画を撤回して4年余り。この間、架橋推進を掲げていた羽田皓前市長との間に溝が生じ、トップ同士の対話がほとんどできなかった経緯がある。一方、枝広市長は9月の就任直後に湯崎知事と面会。鞆のまちづくりを含む課題について、定期的に意見交換していくことで合意した。
市議会からは、連携のスピード感を評価する声が上がる。一方で「市長の交代であたかも前に進む錯覚だと困る。地元と意見交換をし、鞆に寄り添ってもらいたい」との注文もあった。
まちづくり前進の鍵となりそうなのが、市が2017年度中の策定を目指すまちづくりビジョンだ。市は5日、ビジョン策定のための2回目の住民ワークショップ(WS)を開く。枝広市長は海外出張のため参加できないものの、「将来を見据えたビジョンを、住民との合意を元に策定していきたい」と強調する。
住民との徹底した対話と、道路や防災の事業を担う県との連携―。両方のバランスが求められる。
【中国新聞 2016.10.01】

d0328255_23031253.jpg


市長の交代は確かに鞆の町にとって色々な面で好材料だろうが、鞆のような昔ながらの港町には地元民のさまざまなしがらみというか複雑な感情が交錯し、全町民納得という形に着陸するのは難しい。ただそれぞれの機嫌をとって具体的な手を拱いているようだったら、結局これまでと同じことになるだろう。
この問題に関しては私はあくまでよそ者であり、政治の力に委ねるというようなことも私は言いたくない。
ただ交通問題の解消と文化財、古い町並の保存。これが両立する形で早い解決を迎えてほしいと願うだけだ。


[PR]

by mago_emon2 | 2016-10-05 23:03 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

街道の古民家 人集う場に

海田町稲荷町の旧山陽道沿いにある古民家「三宅家分家棟」が10月から、フリースペースとして活用される。3年前に空き家となり、取り壊しの話もあったが、町内のピアノ講師渡部さゆりさん(48)たちが運営グループを結成。所有者が無償で貸し出すことにした。
明治期の建築とされる2階建て延べ約400平方メートル。庄屋としょうゆ製造で栄えた同家の威光を示し、西隣の本家や約30m東の県重要文化財「旧千葉家住宅」とともに歴史的景観を形成している。
空き家となったのを惜しむ渡部さんたちが知人に呼び掛け、40歳代の女性を中心に約10人が準備を重ねた。町の古地名にちなんで建物とグループを「開田庵椿」と命名。毎月2日に市が立った歴史にならい、毎月2,12,22日の午前10時~午後2時半にオープンする。入場無料。茶菓子を有料で出す。展示コーナーは1区画千円で一般に貸し出す。
10月2日は、同家所蔵の美術品を展示するほか、町内の三味線愛好家の演奏会を開く。その後も手作り品の展示即売、紙芝居、手品上演などを計画中だ。
このほか、同家と旧千葉家住宅では、町制施行60周年事業として30日~10月2日と、11月24日までの一部の日曜、木曜に美術展(町教委主催)がある。
「入居者がいないと建物が傷む恐れがあった。町おこしに少しでも役立ててほしい」と建物の所有者。渡部さんは「街道の歴史を味わったり、散策の途中にくつろいだりする場になれば」と話す。
【中国新聞 2016.09.30】

 
d0328255_17191933.jpg
三宅家分家棟(建物内撮影禁止のため、外観のみ)
d0328255_17204115.jpg
旧千葉家住宅
d0328255_17204499.jpg
旧千葉家住宅は厳かな母屋と美しい中庭を持つ。多くの見学客があった。

添付画像は、記事を見て本日撮影したものだ。
三宅家(本家・分家棟)は、旧山陽道沿いに残る古い町並にあってその景観に大きく貢献しているもので、商家や地主として長年活躍された旧家だ。良くぞ取壊されず残ってくれたと感謝したい。
訪ねた時三味線のミニコンサート中で、一旦旧千葉家住宅を訪れた後、再度見学させてもらった。
最近まで生活が営まれていたこともあり、内装は近代的に改装されている部分も少なくないが、柱や木製欄間などはそのまま残っている。また宿役業務に用いられた駕籠、商いをされていた時の帳簿、藩札なども保存され、遺す価値のある建物であり史料である。
町制施行の区切りの年を契機としたこの取組が尻すぼみにならないよう願い、活動を応援したいものだ。

なお、旧千葉家住宅に関しては、「郷愁小路」本編路地裏「重要文化財の建物」で取上げているので以下も参照願いたい。


http://www.kyoshu-komichi.com/jyuyobunkazai04.html


[PR]

by mago_emon2 | 2016-10-02 17:25 | 伝統的建造物 | Comments(0)