<   2016年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

 

三原「山脇邸」レストランに

三原市本町の古民家「山脇邸」が来春、レストランに生まれ変わる。同市大和町の道の駅よがんす白竜の指定管理を受ける株式会社「よがんす白竜」が運営。同道の駅で人気の石窯で焼いたピザなどを提供する。
山脇邸は築約90年の木造2階建て延べ約330平方メートル。管理するまちづくり会社「まちづくり三原」から、よがんす白竜が場所を借りて出店する。
1階をレストランお物販スペースにし、石窯や客席約30席を設ける。市内の野菜やタコ、かんきつを使ったイタリア料理や、地元の土産品を扱う。2階は休憩や地域のイベント向けスペースで、畳の部屋もある。隣に8台分の駐車場がある。
山脇邸は銀行や呉服店として使われていたが、20年ほど前から空き家だった。2013年末から、市民有志や三原観光協会が清掃や改修をし、美術展や雑貨市に活用している。
(以下略)
【中国新聞 2016.04.02】

d0328255_19425013.jpg

山脇邸(2003年撮影)

三原の旧城下町地区は、15年ほど前までは造り酒屋や商家建築を中心とした重厚な古い町並が残っていたものだが、バイパス道の取りつけ道整備などにより特に三原駅より東側の地区はほぼ原形をとどめていない。
西町付近では辛うじていくつかの旧商家が面目を保っている状況だが、その一つである山脇邸に新たな息吹が吹き込まれるようで、これはこれでほっとするニュースだ。
三原の町並は、最終的にはこのように第2第3の用途で息を吹き返すもの以外は取壊され、古い町並としての命脈は尽きるものと予測せざるを得ない。今はそのときが少しでも遅くなってほしいと願う。

[PR]

by mago_emon2 | 2016-04-03 19:47 | レトロ商店街・店舗等 | Comments(0)