<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

日本の原風景 各地に 「小京都」と名乗る全国45のまち

「小京都」の言葉には旅情を誘う響きがある。現在、全国45の自治体が観光やまちづくりに役立てようと、小京都を名乗っている。「小京都の名は全国各地にあるが、自治体間の横の連携が無かった」(京都市観光協会)として、30年前の1985年に「全国京都会議」を結成した。総会を年1回開
き、共通パンフレットを配布するなど観光キャンペーンで連携している。
趣のある地方のまちを小京都と語る歴史は古い。室町時代に各地の大名が都をまねた城下町を造ったのが起源とされる。
一例が山口市。1360ごろ、守護大名の大内弘世が京都盆地に地形が似ている山口を本拠とし
た。京の都に模して、まちを縦横に区画した。「西の京」として繁栄し、瑠璃光寺五重塔や龍福寺、川沿いの美しい景観などを残した。
観光都市・京都のブランドは揺ぎ無いが、一部の自治体は京都への対抗意識からオリジナル色を出そうと「脱・京都」に転換した。石川県金沢市、岐阜県高山市、岩手県盛岡市、滋賀県大津市などはかつて小京都を名乗っていたが、2000年代以降、全国京都会議から脱退した。
今も小京都と名乗る45のまちは、小規模ながらも懐かしい日本の原風景を保っている。小京都の観光振興は地元の収入・雇用の生命線であり、今こそ自治体間の結束が求められている。
【「日本経済新聞」 2015.05.30】

d0328255_22372139.jpg

岐阜県高山市の町並
d0328255_22391136.jpg

盛岡市の町並

どこかで私は書いた気がするが、「小京都」という言葉は、私はこれまで忌み嫌ってきた。
この記事にもあるように、京都を模したものというイメージがあり、その町々の独自性はどうなのかと問いたくなるからだ。
しかし、実際に京都の例に倣った山口市や高知県中村などの例もあり、各地の歴史深い町で全く京都の影響を受けていないところというと、それはないといってよいだろう。

一方金沢市や高山市、盛岡市など脱退するという新しい動きもあることは、それらの自治体が京都を模したものではない町の歴史を改めて認識され、それに依存しない町づくりをはじめたと見ることができ、応援したいところだ。
京都ブランドは偉大なものだが、それに頼ることない町の姿勢には大いに賛成だ。

[PR]

by mago_emon2 | 2015-05-31 22:47 | 古い町並 | Comments(0)  

国登録文化財 選定目指せ(西条酒蔵通り)

東広島市西条地区の酒蔵通りにある築50年以上の酒造関係の建築物について、市教委と各酒造会社が国の登録有形文化財に選定されるよう手続きを進めている。市のシンボルである酒造などの景観の価値を再確認、地区全体で景観を守る意識を高める狙いもある。
対象は7社ある酒造会社の酒蔵、煙突、事務所など。5社の計約50件については昨年9月、登録に必要な文化庁の調査が終わった。
補足調査が済んだ会社ごとにに申請する。残る2社は年度内にも同様の調査を受ける。
登録されれば、修理や管理に関して国の技術的助言が受けられ、固定資産税の優遇措置もある。形状などを変える際は事前の届出が必要だが、内装だけの改修や小規模な場合は不要で、国重要文化財ほどの負担はかからない。
(中略)既に文化庁の調査を受けた賀茂泉酒造の前垣寿男社長(68)は、「酒造だけでなく地区全体で町の風情を残すという意識を共有することが必要」と力説する。
酒蔵通りでは13年に賀茂鶴酒造の吉富蔵、14年に賀茂輝酒造の酒蔵や煙突が解体されるなど、地域に親しまれてきた建造物が相次ぎ姿を消した。
【「中国新聞」2015.05.28】

d0328255_22244186.jpg

d0328255_22271546.jpg

上から賀茂鶴酒造・賀茂泉酒造の所有する洋風の建物


酒蔵通りというくらいだから、白壁土蔵造りの酒蔵というのが西条の町並の一般的イメージだろう。
しかし各酒造会社の事務所などに使われている洋風の建物が意外と多い。町並景観の要素の一つとなっている。また山陽道沿いでもあったため、一般の町家建築もあるのだが、こちらはさすがにかなり数を減らしている。
酒蔵という主役のアクセントとなるこれら洋風の建物が着目され、登録文化財を目指しているというのは評価すべきことだ。土蔵と煙突だけを形式的に遺しても、やがては形骸化したものになろうし、事務所などの付属的な建物も伝統的であるならば、それらもあわせて残してしかも現役で使ってこそ価値が保たれるものだ。

前垣社長の発言には重みがある。山陽道の宿場町であった歴史は酒蔵の陰に隠れているが、そこももっと主張してよいのではと、私は常に思っている。

[PR]

by mago_emon2 | 2015-05-28 22:37 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

優雅にパレードかぐや姫―竹原「竹まつり」始まる

竹原市の看板行事の一つ「たけはら竹まつり」が3日、本町の町並み保存地区で始まった。
人気のパレードは、市をPRする観光大使の女性2人や、和服姿の子供たちが主役。石畳が続き、江戸や明治時代の面影を残す通りに雅楽が流れ、かぐや姫に仮装した観光大使を乗せた山車がゆっくりと進んでいった。通りの両脇には観光客や住民が並び、あちらこちらでカメラのシャッターを切る音がしていた。
同市が誇る竹細工の教室も好評で、訪れた人は市竹工芸振興協会の会員から手ほどきを受けていた。
まつりは竹原商工会議所や市観光協会などでつくる竹まつり事業部会の主催。最終日の4日は、市にゆかりのある儒学者頼山陽の顕彰行事もある。
【中国新聞 2015.05.03】

d0328255_14323822.jpg

祭の様子(2012年)

竹原の町並は昨年頃からかなり訪問客が増加している。NHKの朝の連続ドラマやアニメの影響だろうが、「保存地区」などと検索するとかなりの確率で竹原の話題が上がってくるほど、今では知名度が上がり人々の関心も高まっているのを感じる。
こうなると勝手なもので、以前の静かな竹原の方がよいと思ってしまい、私が次に訪ねるのは一段落した後でと考えている。
ただ、人々に注目されることで住民の意識が高まり、結果的に町並が良い状態で保たれるという側面もあるだろう。そのように考えたいところだ。

[PR]

by mago_emon2 | 2015-05-06 14:39 | 町並イベント | Comments(0)