<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

玖波 宿場町 沖に埋立地

大竹市玖波は、江戸時代から続く宿場町として知られる。参勤交代が制度化されて以降、諸大名や幕府の役人が宿泊した本陣が、旧西国街道沿いに置かれた。幕末の長州の役で町並みのほとんどは焼失したが、明治以降の再建で白壁に「うだつ」のある家も残る。
明治初期から干拓が始まった明治新開は、台風や暴風雨で何度も決壊。1960年に現在の埋め立て地が完成した。翌年から企業を誘致し、現在は中国塗料や戸田工業(広島市南区)大竹事業所などが立地する。
江戸時代から続く木材商会長の小木林勲(しげのり)さん(69)は学生だった昭和30年代を振り返り「通りには人の姿と声があった。夏休みに横浜の友人を連れて帰省したら、玖波駅から自宅に着くまで、通りの全員が『お帰り』とあいさつをするので驚いていた」と懐かしむ。
【「中国新聞」2014.08.26】

d0328255_223099.jpg

d0328255_223669.jpg

この記事は大竹市の市制施行60年を記念した連載された記事の一つである。
現在、幹線交通は山陽自動車道、山陽新幹線に移り、都市間移送も海岸沿いに建設された国道2号線を経由するため、地元の人以外、旧山陽道を意識することはまずありえない。
ここにはしぶとくも辛うじて古い町並といえる家屋群が残っており、多少地元は意識されているようではあるが、今後も旧宿場町としての歴史を感じさせる町並が残り続けるかどうかは、甚だ心許ないものがある。
こうしたささやかな新聞記事がきっかけとなってくれればと思う。
[PR]

by mago_emon2 | 2014-08-31 22:04 | 古い町並 | Comments(0)  

英語で鞆ガイド 初挑戦

福山市鞆町の鞆中3年生16人が21日、鞆の浦を訪ねた観光客に、地元の歴史や魅力を伝えるガイドをした。英語での案内にも初めて挑戦した。
6班に分かれた生徒は常夜灯や対潮楼など5カ所で待機。観光客に声を掛け、鞆にまつわる伝説の紙芝居を披露したり、保命酒の種類を説明したりした。外国人には地図や写真を交え、英語で鞆の浦の魅力をアピールした。
フランスから観光で訪れた建築家ミッシェル・ルッソメールさん(53)は、「小さな漁村に古来の建物が並ぶ風景が美しい。年の離れた中学生に案内されるのも新鮮」と一緒に写真に納まっていた。
同中は4年前から1,2年で鞆の歴史や文化を調べ、3年でガイドに立つ学習を続ける。本年度から英語の案内も練習し、説明文も自分たちで練った。弁天島の花火大会をPRした柏原玲那さん(14)は、「片言でも分かる範囲で鞆の魅力を伝えられた」と満足そうだった。
【「中国新聞」2014.08.22】

d0328255_22492341.jpg

「対潮楼」からの眺め

鞆中生徒による外来者に対しての取組は以前より行われているようで、私もここで取り上げたことがある。
地元の中学生がわが町の歴史を調べ、訪れた人に案内することで、若年層に鞆の町について関心を持ってもらうことにつながる。さらにそれが鞆の町並、文化の保存に発展していってくれたらと願う。

鞆の記事は架橋問題絡みの政治的なドロドロしたものも多いが、時折このような記事を見ると微笑ましくなるものだ。そのためにも、重伝建地区選定を踏まえた早期の決着が待たれる。
[PR]

by mago_emon2 | 2014-08-22 23:02 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

ひろしまたてものがたり

広島県では「ひろしまたてものがたり」というプロジェクトを創設し、県内にある建築物の魅力を発信する取り組みを進めています。
このたび、「たてものがたり」イベント第一弾として、みなさまから魅力ある建築を多数ご応募いただき、ご応募いただいた500件を超える建物の中から、「訪れてほしい」魅力ある建物“100セレクション”を選定いたしました。

つきましては、「ひろしまたてものがたり」イベント第二弾として、この「100セレクション」を対象として人気投票イベントを開催し、建築に興味をお持ちのみなさま、建築に携わるみなさまなどから、「訪れたい」と感じる建築物への投票を募集いたします。
あなたが開く、広島の新しい物語の扉 ― この「ひろしまたてものがたり」の第二章も一緒に綴っていきましょう。
【広島県土木部営繕課】http://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/tatemonogatari/

d0328255_233359.jpg

旧旅館三楽荘(庄原市旧東城町)

d0328255_23124586.jpg

松坂邸(竹原市)

d0328255_2316524.jpg

旧陸軍被服支廠(広島市南区)


県主催の県内にある歴史的その他の魅力ある建物を一般投票し、上位30件については委員会が「たてものがたり」と題して県内外に発信していくそうだ。
既に投票は始まっていて、投票数の途中経過も示されているが、私は伝統的な建物ばかりに興味が傾きがちなので、あれこの建物素晴らしいのに意外に票が伸びていないななどと思う一方、やはり話題性のあるだけこの建物は票を集めているなと思わせるものもあった。
写真を掲載しているこの3つの建物は、私が投票した建物である。投票できるのは一度に3物件のみだから他にも票を入れたい建物はたくさんある。
日を改めると再度投票できるようだからまたやってみたいと思う。
興味のある方は、上記URLよりアクセスしてみてください(このブログは直リンができませんのでコピー&ペーストで)。
[PR]

by mago_emon2 | 2014-08-08 23:21 | 伝統的建造物 | Comments(0)