<   2014年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

旧田野医院 本格調査へ

松江市教委は2014年度、長崎の被爆医師、故永井隆博士の生家で市有形文化財、旧田野医院(同市苧町)の本格的な調査に乗り出す。専門家から日本最古の擬洋風私立病院建築との指摘もあり、県や国の文化財の指定申請もにらむ。

旧医院は、明治初期に多く建てられた擬洋風建築で、和風の瓦ぶき屋根と洋風の半円アーチ型の窓が特徴。正確な建築年は不明だが、市教委と専門家による06年までの調査で、建築様式や市内在住の所有者の話などから1871年の建築と推定されるとした。
(中略)旧医院は73年に苧町病院として開業し、86年からは田野医院として1990年ころまで運営されていた。その後、住居や宿泊施設として使われていたが、昨年11月に所有者が市に寄贈。市教委がことし1月、有形文化財に登録した。
(「中国新聞」2014.03.25)
d0328255_23103210.jpg

※この建物は取材しておりませんので、以下のURLからのコピーです。
http://kourokan.main.jp/heritage-matsue.html


松江にこんな立派な医院建築があるとは知らなかった。医院というには余りに豪華に凝った意匠だ。
アーチ型の大きな窓はかなりのインパクトがある。
これは是非とも保存していただき、できれば公開してほしいものだ。記事によると、市は今後公開も検討しているようで、期待したい。
[PR]

by mago_emon2 | 2014-03-25 23:13 | 伝統的建造物 | Comments(4)  

IC開通で弾み 吉舎PR

30日の中国横断自動車道尾道松江線の吉舎インターチェンジ(IC)開通を前に、三次市吉舎町の住民有志でつくる「きさ・よいとこ発見隊」が、開通当日に同町の町並みで開く散策会の準備を進めている。

発見隊によると、町中心部を南北に走る市道三玉清綱線(約1.7キロ)の七日市通りや古市通り一帯には伝統的な防火壁「卯建(うだつ)」の残る住宅や商店が14軒ある。20日は七日市通りの計4軒に屋号の入ったのれんを掛けた。のれんを掛けることで、風情ある町並みの雰囲気を引き立てて、町歩きを楽しんでもらう狙い。
(中略)発見隊の糀田英昭会長(65)は、「観光客を迎え入れる準備が整った。銀山街道の宿場町として栄えた吉舎の魅力をPRしたい」と話している。
(「中国新聞」2014.03.21)


d0328255_2201182.jpg

画像は町内にある洋風の旧写真店

久々に町並に関する記事。昨年11月24日の記事の続報である。
自動車専用道の開通を機に町のPRを画策されている。私が何度か訪ねた印象では、過疎化や商圏の変化で、かつて賑わっていた吉舎の中心街はその面影が全くなく、伝統的な構えの建物もくたびれていた。
そのような町並に再び命を吹き込むことができるか。近くには上下のように整備され外来者を迎え入れるだけの体制を整えた町もある。吉舎の町も、それに匹敵するだけの町並ポテンシャルを持っていると私は思っている。
のれんがひとつのきっかけになってほしい。
[PR]

by mago_emon2 | 2014-03-21 22:13 | 古い町並 | Comments(0)  

【雑記】横綱の品格

私は祖父が大の相撲好きだったこともあり、子供の頃から大相撲中継をよく見ていた。社会人となって以降はたまにしか見る機会がないが、それでもネットで取組の結果をチェックしたり、新聞の相撲の記事に眼を通すことは欠かせない。

なぜ相撲のことを書きたくなったかというと、横綱の日馬富士関が、先の取組で立合いに大きく変ったことで非難を浴びたという記事を見たからである。

もちろん立合いに身を交わし、相手の出鼻をくじきまたはそこで一気に突き落としやはたき込みに持ち込んで一瞬で勝負を決めることはよくあることであり、勝負が全ての現場ではむろん反則ではない。しかしそれを横綱がやることは、タブーであることが暗黙の了解になっている。
かつての名横綱千代の富士、さらに遡って北の湖、輪島など私の記憶に残る歴代の横綱は、格下の相手に受けて立つという言葉そのままの土俵さばきであった。相手の挑戦を正面から受け、抜群の安定感で下していく。少し時代が下って貴乃花関などは、寄り切った瞬間力を抜くこともしていた。

これは横綱に対してだけではないが、力士は土俵上で感情を表にしてはいけないというのが相撲道の伝統であり美学である。ガッツポーズなどすると即座に批判の的にもなる。
特に横綱は、温厚でかつ力強い父親のようなイメージでないといけないのである。受けて立つ身である者が相手を交わして立ち、意表をついて勝利を手にするのはやはり邪道だろう。

今や時代遅れという部分かも知れないし、それが若者に受け入れがたく外国人力士だらけになった大相撲だが、そういう精神的伝統は相撲だけが持つ独特のものだ。その精神はずっと貫き続けてほしいものである。
[PR]

by mago_emon2 | 2014-03-15 21:21 | 雑記 | Comments(0)  

【雑記】気象災害報道に思うこと

テレビでの相変わらずの東京偏重。これはある程度やむを得ないこととは思うが、やはり特に民放において、ワイドショーの域を出ない報道姿勢は何だかもう諦めに似た感慨を抱いてしまう。
しかし、それも致し方ないのかなと、痛切に感じた事例が最近発生した。キー局が全て東京にある以上、どうにもならないことなのだろう。

これは、最近ツイッターをはじめ出したことで特に身にしみたのかもしれない。甲府で1m超という、120年の記録を2倍以上も上回るまさに未曾有の豪雪が発生した時だ。
この実態を全国で大体的に放映しだしたのは発生後2・3日も経ってからだ。太平洋側に属する山梨県にとっては想像を遥かに絶する豪雪で、報道も身動きできないのは理解できる。しかし、ツイッターではリアルタイムでその凄まじさがネット上を飛び交っていた。日本海側の豪雪地帯でも1日で1mも降れば災害級なのに、それが山梨で降ればどんな事態になるのかは想像に難くない。
報道に携わる方々は、一般人よりはネットの情報にも敏感なはずなのに、全く取り上げないとは何たることかと。私はどんどん寄せられるツイートを見ながら苛立っていた。

しかし、冷静になって考えると、それも無理からぬことかと思う。
雪の害は地震や台風といったような激しい自然災害とは異なり、非常に緩やかな形で襲う災害である。
しかも今回のケースは太平洋側の豪雪という、これまでにほとんど例を見なかった災害である。私は子供の頃から気象に興味があって、気象通報を小学生の頃から聞き、中学校の時に理科で気象分野のテストだったとき、全く試験勉強などしなくても満点を取るなどある意味気象マニアだった。そんな私でも想像を絶する猛烈な山梨や関東内陸部の豪雪であった。素人の私どころか気象庁を始め専門家ですら予報の域を超えていたと述懐するほどの事象だったので、情報の遅れや混乱はある程度致し方なかったのかもしれない。

こういう時、ツイッターの情報を活用するのはかなり有用と思う。またウェザーニュース社がやっているように、会員からウェザーレポートをリアルタイムで提供を受け、天気予報ではカバーしきれない局地気象の把握ができれば、災害の発生を少しでも低減できるのでは、と思う。

近年、極端な気候による災害が増えているように思う。それは地球規模の温暖化の影響か、いや一部では太陽活動の低下により小氷河期に入りつつあるという研究科の見解もある。
これまでにもまして気象情報に関心を持つべきだと、認識を新たにしたところだ。
[PR]

by mago_emon2 | 2014-03-02 22:29 | 雑記 | Comments(0)