呉の青山クラブ 活用4案

呉市は、旧海軍ゆかりの施設だった幸町の青山クラブの整備、活用方針4案をまとめた。建物の解体や一部保存、全て保存などの場合に分け、事業費も推定した。市は「来年早々にも最終的な方向性を示し、活用方針を決めたい」としている。
案によると、事業費は、建物全てを解体するなら約5億円、北側の外壁の一部だけを残すには約6億円かかる。いずれもイベントスペースとしても使える駐車場を設け、大和ミュージアムの関連施設の整備を検討する。
建物を残す案は2案示した。いずれも耐震診断やニーズの調査を実施。呉の歴史や文化、特産品の情報を発信する拠点、市民が利用できるフリースペース、宿泊施設などの活用を検討する。
うち建物北側を3分の1程度保存する案の整備費は約15億円。向こう30年間の維持管理費は約12億円となる。建物全てを保存するためには、整備費約30億円が必要で、同じく維持管理費は約28億円とみる。
青山クラブは、地元のNPO法人が提案書を出すなど、建物の保存、活用を求める市民の声が根強い。市企画課は「議会の意見を聞き、市民の提案も参考にしながら方向性を探る。にぎわいの拠点に活用したい」とする。
市は国から本年度の買い取りを目指しているが、手続きには事前に活用法を決める必要がある。同課は、「取得は来年にずれ込む可能性がある」という。

(補足記事)
1903年に旧海軍の集会所として創立。昭和初期に鉄筋で地上3階、地下1階の現在の建物が建設された。宿泊施設やボウリング場などを備えていた。大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」にも登場する。市は隣接する桜松館をレストランやカフェなどで活用する方針も示している。

【中国新聞 2017.12.21】

d0328255_21424499.jpg


呉市はここ最近急速に外部からの訪問客が増えた。私の昔から知っている呉は、湾岸部の工業地帯に人口も減って活気のない市街というイメージでしかなかった。
さらに、この建物の再活用への気運の高まりは、外部の人々の呉への関心が強まったこと、そして「この世界の片隅に」によるところが大きい。個人的には普段アニメ映画は見ないが、大きな貢献に感謝したい。
記事のように全体はもちろん一部保存でも大変な整備費、維持管理費が必要となる。
何とか残す方向に動いてもらいたいものである。


[PR]

by mago_emon2 | 2017-12-21 21:50 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

<< 堀内邸 訪日客観光拠点へ 修理・修景 補助広げ前進 -重... >>