重伝建選定 今秋目指す

福山市の枝広直幹市長は12日、鞆町の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)選定に向け、必要とされる地区の保存計画を7月末に策定後、すぐに国に選定を申請する方針を明らかにした。今秋の国の文化審議会での重伝建決定を目指す。
枝広市長は記者会見で、「保存計画の告示を受けて間髪入れずに選定を申し出る。遅れると大切な議会を逃す可能性がある」と述べた。伝統的建造物群保存地区(伝建地区)の保存計画は、伝建地区保存審議会が10日、市教委に答申した。7月末の市教育委員会議で議決、告示される見通しとなっている。
重伝建選定について「鞆地区の価値を大きく上げる」と強調。一方、地元住民に生活制約の不安があることについては、説明を重ねて住民の不安を取り除く考えを示した。
文化審議会は例年、重伝建選定に関する文部科学大臣への答申を10月と5月の2回している。市教委は文化庁などと協議し、10月の答申に間に合うように申し出る方向。文化庁は「選定の申し出があれば、客観的に、公平に手続きが進む」としている。
【中国新聞 2017.07.13】

昨日の市教委への答申の記事の続報。
毎年いつの間にか重伝建選定を受けるところが増えているように思うが、そのプロセスは簡単なものではないことを感じる。
鞆の場合、長年障害になってきた道路改修計画とともに、住民感情という点も小さくないようだ。


[PR]

by mago_emon2 | 2017-07-13 22:53 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

鞆の伝建保存計画を答申 >>