鞆の保存計画策定へ

福山市教委が、歴史的な町並みが残る同市鞆町の伝統的建造物保存地区(伝建地区)の保存計画策定に着手する方針を固めたことが10日、分かった。国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)選定の申し出に必要な計画で、早期選定を目指すとみられる。
伝建地区は8.6ヘクタールで、昭和初期以前に建てられた伝統的建造物が約300棟あり、うち約200棟は江戸・明治期の建築。老朽化が進む中、市は計画策定に踏み切るとみられる。
保存計画では、町並み保存のための基本的な方針を示し、伝統的建造物を特定。保存整備の方法や、所有者が行う建物修理への助成などを定める。計画ができると、伝統的建造物を回収する際に使う屋根や壁の材料などの基準が、より明確になる見通し。
市教委は本年度内にも市伝建地区保存審議会に、保存計画を諮問。文化庁や広島県教委の指導・助言も受けながら、夏までには計画の告示を目指す方向という。
市は2008年3月、伝建地区の都市計画決定と同時に、建物に影響を与えかねないとして、地区内で予定されていた県道拡幅計画の廃止に同意。交通対策の鞆港埋め立て・架橋の推進と、重伝建選定を目指してきた経緯がある。県が12年に架橋計画の撤回を表明した後は、市は重伝建選定を急ぐとする一方、住民の意向を慎重に判断する姿勢を見せ、計画策定は進めていなかった。
【中国新聞 2017.02.11】

d0328255_21561498.jpg
鞆の町並の重伝建保存地区への動きは、40年近く前、重伝建制度が始まった頃にまで遡る。それを妨げていたのが架橋計画。建造物の保存を目指す地区に、それを壊す計画(架橋以外に現況道路の拡幅案があった)があっては矛盾するという理由である。
架橋計画の撤回後、一気にその動きが高まるものと見ていたのだが、何故だかそれ以後重伝建への動きのみならず様々な動きが停滞しているように感じていた。
選定には住民の意識の高まりももちろん必要だが、自治体の動きも欠かせない。その両方が揃わないと進めない。
これまで市が細々ながらも伝統的建物の維持保存を行ってきたが、町並全体としての保存は、もう待ったなしの状況に差し掛かっている。
近いうちに選定されるものとの安心感を得るにはまだ早いが、かなり前進しているというのは間違いなかろう。
続報を期待したい。


[PR]

by mago_emon2 | 2017-02-11 21:56 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

<< 鞆の伝建保存計画策定 宮島 町並み保存へ助言役 >>