鞆町発信拠点整備へ

福山市は鞆町で、歴史的な町並み保存の拠点施設にするために購入した、古い商家の再生を本格化させる。近く、敷地内で倒壊の危険のある土蔵などの解体に着手する。策定中のまちづくりビジョンとも整合を図りながら、本年度中にも活用策の議論を始める見通し。
国の重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)を目指す市の伝建地区(約8.6ヘクタール)の中央部にある。木造2階建ての主屋(延べ214平方メートル)は明治期に建てられ、現存例が少ない跳ね上げ式の板戸「ブチョウ」が残る。市は保存対象の主屋の修理に先駆け、来年3月までに土蔵や戦後に建築した工場など計4棟を解体・一部解体する。11月、約990万円で発注した。
市が施設を購入したのは2011年度。12年度に応急処置をして以降、国の補助を受けられる重伝建選定をにらみ、整備を見送ってきた。だが、建物の老朽化が進む状況を踏まえ、本年度当初予算に解体費と、施設の基本・実施設計費(2200万円)を計上した。
市は、町並み保存に関わる情報提供や観光案内の拠点として活用を想定。11月末、ビジョン策定に向け開いた住民意見発表会では、修理修繕の相談窓口や、祭りで引き回す布団だんじり「チョウサイ」の保管展示などのアイデアが出た。
市文化課は「ビジョン策定状況を踏まえ、活用策を練る」とする。市は15年度から、町並みの保存を進めるため、伝建地区内の歴史的な町家の修理の補助率を高めている。
【中国新聞 2016.12.15】

d0328255_23091932.jpg


市が町並保存の拠点にするために旧家を購入していた件は知っていたが、具体的な活用の話が聞こえてこなかった。この記事を読むと、重伝建地区となることを前提にしていたことがわかる。
なかなかそれが叶わないので、しびれを切らして手を打たざるを得ない状況になったのか。
それにしても、鞆の重伝建地区選定を妨げているものは何なのか、詳しく知りたいものである。


[PR]

by mago_emon2 | 2016-12-15 23:09 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

<< 被服支廠の保存活用検討 「観光維新」の志士・・着物、レ... >>