鞆の伝統的建物保存

ベンガラ色の町家が並ぶ道を観光客が行き交う。福山市鞆町の中心部。澤村船具店を守る澤村道子さん(78)は店の前にある倉庫を見てつぶやいた。「大好きな鞆の町並みを残したい。でも正直、複雑なんですよ」
倉庫は、「17世紀後半の建築で国内最古の2階居室町家」とされる。2013年、国重要文化財の価値があると専門家に評価された。以来、観光客や研究者が次々と訪れる。
その倉庫は傾きが目立つ。構造的な不安も大きい、8年前に夫に先立たれた澤村さんにとって、修理は経済的にも精神的にも大きな負担だ。「先祖からの預かり物だから守りたいけど・・・。自分の非力さが情けない」受け継いだ「価値」は、誇りに思うものの、悩みの種でもある。
市は鞆の町並みを守るため、市が定めるエリアの伝統的建造物の修理や修景、応急処置をする場合、所有者に補助してきた。実績は16年間で63件。補助率は最も高い修理で50%(上限500万円)だった。市は15年度、補助率をかさ上げ。修理で90%(同900万円)とし、町並み保全を加速させる。
(以下略)
【「中国新聞」2015.02.21】
投稿にあたってタイトルを新聞記事の見出しと異なるものとしています。
d0328255_2225593.jpg

突き当りの建物が澤村船具店

自治体レベルで町並全体を保存しようとしても限界がある。最大50%、500万でどれだけの建物に現役だった頃の活力を注入できるだろうか?特に50%というのが問題で、高齢化も進んでいるそれら伝統的な家屋の家主の経済力を考えると、古い町並の維持は相当な高いハードルに阻まれているといわざるを得ない。
幸い市はその問題の深刻さに気付いたのか、大幅にハードルを下げるようだが、それでもまだ限界があるだろう。
やはり最大の解決策は、国選定の重要伝統的建造物群保存地区になることである。
もうはるか前に重伝建になっていても不思議ではない質量を保持しているのは専門家はもちろん、私?のお墨付きである。
補助枠が大幅に緩和される一方、町並景観に即しない外観に改築することに対しての制約が加わるので、住民にとって窮屈に感じるかもしれないのだが。。。
[PR]

by mago_emon2 | 2015-02-21 22:22 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

<< 【雑記】学生時代の印象は地下の厨房 「二楽閣」跡地 人集う場に >>