ひな人形と重文の共演

江戸期に建てられた保命酒蔵など9棟からなる福山市鞆町の太田家住宅。国重要文化財の建物の大広間や土間、酒造、庭などに数百体のひな人形が飾られている。「鞆・町並ひな祭」(2月21日~3月22日)に先駆け、1日から公開される。
人形は廿日市市の井上恵子さん(64)のコレクション。高さ約1mの日本最大級の享保雛、武者の顔をした五人ばやしなど30年以上かけて集めた珍しい品がそろう。
井上さんは2003年以降、太田家住宅で毎年趣向を変えて飾っている。近くの鞆の浦歴史民族資料館でコレクションを展示した際に、鞆の町を気に入ったのがきっかけだ。井上さんは「貴重な屋敷を生かした企画。建物と人形の両方を味わってほしい」と話している。
【「中国新聞」2015.02.01】

d0328255_1932589.jpg

太田家住宅(左)

近年、古い町並の早春の企画として、旧家で昔飾られ、そして保管されている雛人形を訪問客のために展示するという取組が各所で行われている。それがあたかもブームのようになっている点に私は少し抵抗感を抱いていた。
とはいえ、旧家ゆえに大切に保管されたがため文化遺産ともいえる貴重な人形も珍しくない。中には江戸期にまで遡るものもあって驚かせる。
雛人形を目的に訪ねられた人たちに古い町並のことにも少しは関心を傾けてもらえる接点になればと、そのように願う。

d0328255_19404345.jpg

雛人形の展示イメージ
(注)撮影地:竹原市

[PR]

by mago_emon2 | 2015-02-01 19:41 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(2)  

Commented by R. at 2015-02-02 00:10 x
孫右衛門さん、こんばんは。
雛祭り(人形)を町中に飾る催し、この頃多いですね。
私は昨年、たつのに行きました。
最も、たつのは秋のオータムフェスティバルにも出かけていて、本当に身近な良い所なんですが・・・。

さて、寒いですね。うちは山沿いなので、昨日も今日も降雪がありました。朝は0度くらいですかね。
積もるほどでは無かったので、神戸に友人に会いに行きましたが、どこも?寒いのは一緒のようです。
今日は中東の哀しいニュースを聞き、自分の日常との乖離に呆然とした1日でもありました。。

今、BSでギタリストの佐橋さん(松たか子さんの夫)メインの音楽番組を見ています。
大貫妙子さんが出ていて、昔(いつごろかな)「彼と彼女のソネット」という曲を聞いて「何て素敵な声なんだろう」と思いました。
孫右衛門さんはご存じでしょうか?先ほど、孫右衛門さんのTwitterを拝見したばかりで「震える・響く歌声」に反応した私です。夜中の乱文、失礼しました☆彡
Commented by mago_emon2 at 2015-02-02 23:58
雛人形を飾るという古い町並のイベント、どこがやりだしたのかわかりませんがもう全国に広まっていますね。まあ私などは、その町の普段の顔を見たいので探訪先でそんな催しに出くわすとちょっとどうかと思うのですが。
近くの訪ねたことのある町なら変わった趣向で訪ねられていいですね。

大貫妙子さんのお名前は知っていますが、どんな歌声なのかすぐは思い浮かびません。ベテランの方ですよね。
ドキュメンタリーが地上波でほぼ全滅なだけでなく、音楽番組もBSでないと良い番組がないですね。

<< 「二楽閣」跡地 人集う場に 【松浦亜弥さん】業界そして世間... >>