このまま消えてほしくない これからなのに・・・松浦亜弥さん PART2

わたしは日本全国の町並を取材してHPを運営している中で、初期の頃訪ねたところを再訪し、そのページを更新したりするときに、そう言えば当時松浦亜弥さんは何を歌っていた頃かということにふと思いを巡らすことがあります。そしてその度にもうこの時期にこれを歌っていたのかと驚きを感じるのです。
本来なら学校生活を基盤に青春を謳歌すべき時期に全く自由が許されず束縛され続ける日々。古くからのファンの人は、もういいよしばらくゆっくり休んでねといった思いを持っている人も多いようです。
余りに走りすぎた10代、そのバランスを取り人間らしさ社会性を取り戻すことで、再開後の活動にも厚みが出てプラスに働く、そのための充電期間?と思えば、残念でもなんでも無い・・そう自分に言い聞かせましょうか。

d0328255_23575043.jpg


20歳を過ぎた頃からでしょうか、彼女はいろんな人と共演して歌ったり、他のアーティストさんの曲を自曲のように歌うことで、その道のベテランの方々に注目されることも少なからずありました。
その中でも特筆されるのが、女性ソロシンガーとしては大御所ともいえる竹内まりやさんでしょうか。
彼女は既に、実際竹内さんによる楽曲の提供を受けています。昨年発売された、提供先の本人歌唱の楽曲群が収録されたアルバムの中で、竹内さんはその1曲ごとにコメントを残されています。
松浦亜弥さんに提供された曲に対してのコメントは以下のとおりでした。

「松浦亜弥さんの歌声が昔から大好きで、私の楽曲だけで構成されたソング・ミュージカルの主役をお願いしたのが2008年。その後たびたびライブに出かけては彼女のステージを楽しんできましたが、アイドルと呼ぶのを憚られるほどの実力派シンガーであり、日本屈指のパフォーマーだと私は信じています。デビュー10周年のベスト盤に書き下ろしたこの作品でも、20代とは思えない歌を聴かせてくれます。亜弥ちゃん、ご結婚おめでとう。これからもずっと歌い続けてください。そして、末永くお幸せに!」

このコメントは、私が歌声が素晴らしい歌が上手いなどと何度も繰返し言うより何十倍も説得力があるでしょう。
竹内さんに限らず、彼女を評価する著名人はかなり多いのです。
そのような人々に囲まれているのに、このまま何も言わず終わってしまうことは、有り得ないことではないでしょうか・・・
本当に歌うことに未練がないのだったら、きっぱりと宣言してしまうはずですが、そこを曖昧にせざるをえなかったのは、以前からの大きな夢だった、子供を授かり家庭を軌道に載せられる最大のチャンスを活かしたいという思いのほうが今は勝っているからでしょう。歌うチャンスは考えようによってはずっとありますが、子供を授かれるそれは期間が短いですしね。

もう以前のように爆発的人気になる必要もないと思いますし、また何が何でも活動に重きを置いた形でなくてもよいと思います。
ただ、「昔よく出ていた頃とは全然変わったね、実力派のいい歌手になったね・・・」といった感想が一般の認識に。
そんな日が来ないでしょうか・・・

そして復帰後、初めてファンの前に姿を現したとき、
「結婚直前だった時期にやった限定ライブで、その最後にファンの人たちが会場を白い光で埋め尽くしてくれたことがずっと目に焼き付いていて。思いがすごく伝わってきて。それに応えないといけないとずっと心の底で想い続けてました・・」
・・なんて。

そんな言葉を聞けるとすればもうファン冥利に尽きますね・・・・・
[PR]

by mago_emon2 | 2014-05-24 00:04 | 雑記 | Comments(2)  

Commented by Agent at 2014-06-01 12:48 x
あやや あるところに楽しみ

あやや なきところに楽しむ

楽しみ从‘ _‘从を期待するのも

また ひとつの

楽しみ从 ^ 。 ^从である
Commented by 孫右衛門 at 2014-06-02 22:37 x
またまた意味深い一言ですね・・

Agentさん
以前からお名前は伺ってましたが、ここにお越しいただけるとはとても、何か気恥ずかしい気持ちです。
わたしにはHP上の本業(??   ただ昔から続けていただけ)があって、思い切れなかったんですが、どこかで松浦亜弥さんのことを発信できないかという思いがあって、実はこのブログを立ち上げる気になったのもそれがあったのです。でもその後肝心の亜弥ちゃんの活動が期待させておきながら・・いやいやまあこれは憶測になってしまうので言えないですが、まあそこは他の方にお任せするしかと思っています、HP運営しながらそこまでのエネルギーを絞り出せないです。

楽しみを期待するのも楽しみ、私にはさいわいそれができます。
なぜなら、知らないことがまだたくさんありますのでね。

<< 竹鶴政孝に脚光 竹原熱く このまま消えてほしくない これ... >>