鞆まちづくり調査に予算

広島県が鞆港埋め立て・架橋計画を撤回した福山市鞆町のまちづくりについて、2014年度当初予算案に交通、防災対策などに関する調査費を計上する方針を固めたことが24日、分かった。渋滞対策として電線の地中化などを検討する。県が架橋の代替案とする山側トンネルについては架橋推進派の住民との溝が埋まっておらず、関連予算の計上を見送る。

調査費は主に「交通」「防災」「基金」の3分野。交通分野では、道路が狭く、車がスムーズに通行できない町中心部の交通環境を改善するため、電線の地中化や駐車場の整備などを検討する。
山側トンネルに架橋推進派の住民の理解が得られない中、地元で合意が得られる事業を先行させる狙いがあり、調査に着手する。
防災分野では、高潮時に浸水被害が出ていることを踏まえ、現在の護岸施設の問題点などを調べる。県が12年6月に架橋計画を撤回した際、同時に示したまちづくり計画に盛り込んでいた「まちづくり基金」の創設も検討。江戸時代の面影をとどめる鞆町の景観を守る資金を全国から募り、活用する仕組みを探る。予算額は調整中という。(後略)

【「中国新聞」 2014.01.25】


d0328255_23395447.jpg



この写真は町の幹線道路で離合が困難な箇所も多い。ここに地元住民や観光客の車も入り混じって混雑が常態化している。
少しでも緩和させるため、電線を埋設するという。それは町並景観の向上にもつながるため賛成するところであるが、渋滞に対しては、微々たる改善にしかならない。
私は鞆の古い町並や港の景観のことが気になっているから関心があるのであって、もちろんこの案件については外野である。早くトンネルを掘削して町並保存も渋滞解消もかなえばよいと思うのだが、そこには地元にしかわからない様々なしがらみや感情が渦巻いていて、私などが口を挟む余地はない。

だから余計でも、この問題が平行線を辿り続けるのはもどかしく苛立たしいものだ。

町並を守るための資金を募るといっても、どんな方法で?また活用とは具体的にどうするのか。まだあまりに曖昧すぎるので、私は今の段階では期待しないことにする。
[PR]

by mago_emon2 | 2014-01-25 23:51 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

<< 「京橋会館」跡地に多世代居住複合ビル 2014年開催の「第28回白川... >>