【雑記】松浦亜弥の魅力が世間に知れ渡る日が早く来てほしい!

d0328255_23182927.jpg

この週末、ディナーショー的ライブという形で行われた松浦亜弥さんのライブに出席した。

前回彼女のことに触れたのは、7月の記事「応援したい人」の後半部分だった。

私が魅力を見出した経緯などはその記事に委ねるが、特にこれまでライブ参加や音楽の鑑賞を趣味としてこなかった私がのめり込みはまり込むほど、その歌声は衝撃的だった。
歌唱力に定評はあるとはいっても、もちろん一流アーティストさんや大御所さんの間に入っても頂点に位置するのかというと、まだまだそうではないとはいえる。しかし私の感性に委ねると、その声は心を直に揺さぶり、感動を与えてくれる。

このライブではそれに加えここ数年では感じられなかった迫力と力強さが強烈に伝わってきて、いい意味で印象を覆されることになった。今回と同じ会場で行われた2011年の10周年ライブや、その後の会員限定のライブの模様などを動画サイトの映像で見ていると、歌声そのものは変わらぬ魅力を発していても、体調の不安もあってか弱々しいようにも感じていた。かつてホールツアーを繰り返していたことから思うと、声そのものをじっくり聴ける一方何というか物寂しさが感じられた。

前回ライブ後間もなくの入籍発表、それを境に心身ともに充実して、それが弾けた感じが今回のライブにはみなぎっていたように思えた。思わず身を乗り出して聴き入ってしまうほど迫って来るのを感じた。
それがほぼ会員限定という形ではなく、もっとオープンに知れ渡っていってほしいというのが正直なところで、切実なる願いだ。

たまたま私は動画サイトで接点を持ったおかげで、その魅力を理解し堪能することができている。この夏公開された映画の主題歌「ひこうき雲」を21歳の時に歌った映像が話題になったように、動画サイトの影響力は少なからずある。とはいっても、やはりメディアへの露出が少ないことは圧倒的に不利である。一般の人のイメージするところは、多くはいまだに派手な衣装で踊りながら歌っている姿のようだ。実際私も周りに聞いてみて実感している。私自身も、動画サイトで出会わなければそうだったのだから。
これほど、実力とイメージのギャップがある人は珍しいと思う。私はそこがとても歯がゆく、何とかならないかと常々思っている。今回のライブでは歌うことが大好きといってくれた彼女だが、これから出産子育てを経るであろうことを考えると、以前のように活発に活動することになるとは思いにくい。

でも彼女の歌、歌声がもっと世間に知れ渡り、認識される日が来てほしい。その日が来ることを信じて、これからも静かに熱く応援したいと思っている。
どこかで一発、そんな機会が訪れないだろうか。カバーした曲は全体に好評だし、それに便乗してでもいいから。
世間にその実力が認められることは、それほど難しいことではないと私は思っている。

(2010年に今回と同じ会場で行われたライブ動画)
http://youtu.be/lxsR0kJiFCk
[PR]

by mago_emon2 | 2013-12-23 23:20 | 雑記 | Comments(7)  

Commented by oichan at 2013-12-24 23:34 x
magoさんの切なる願い、それは私の想いと一緒です。
私もマスコミよって刷込まれた彼女の虚像に惑わされ、真の実力を観ずに長年過ごして来たことを、現在、少なからず後悔しています。
奇しくも、山下達郎・竹内まりや夫妻のラジオで紹介された「ダブルレインボー」に感銘を受け、歌の上手い歌手として認識していましたが、その数年後にYouTubeなどで紹介された様々なライブなどの生演奏映像・生音源を聴くに至り、大きな衝撃を受けました。
CD音源より生歌の方が何倍も素晴らしいのです。
つまり、エンターテナーとしてのパフォーマンスが一級品なのです。
これは多くのひとに知ってほしい事実です。
現在は、健康上の理由、結婚などの事情により、表立った活動は控えているようですが、これらの件がひと段落したあかつきには、是非、何らかの形で表舞台に登場していただきたいと願っております。
Commented by mago_emon2 at 2013-12-25 01:32
oichanさん、こんなところにお越しいただきまして、誠に恐縮です(汗)
挨拶もそこそこにお別れしてしまいまして、もっと亜弥話に花を咲かせたかったですね。
山下夫妻にはダブルレインボーの頃から評価されていたのですか。それは知りませんでした。あのアルバムは聴いていても彼女の強い意欲が感じられて、一番再生率が高いです。歌声も力強いですし。
力強さというと書いたように、今回それに匹敵するものを感じました。私が参加した最終回では、歌うことが大好きとも言ってくれました。新境地でまた歌いたいと強く思っているけど、やっぱり子供もほしい。そのへんの葛藤がいろんな言い方になって、ファンに伝わったのだと思います。
Youtubeのライブ動画は本当に素晴らしいものばかりです。私も、マニアックライブ2での「部屋とYシャツと私」で物凄い感銘を受け、これが決定的でした。今回のライブでも歌ってくれたのがとても嬉しかったです。
彼女は本当に歌手として逸材と思います。まだまだ若くてその分伸びしろもあるし、30代そして40歳になっても歌い続けてほしいものと思ってます。
Commented by oichan at 2013-12-25 08:27 x
すみません。山下夫妻のくだりは思い違いかも知れません。
でもラジオから流れて来たダブルレインボーの歌声を聴いてそれまでのイメージとのギャップに驚いたは事実です。
ところで、wowwowのチャゲさんとのデュエットはお聴きになりましたか?
即興のハモりと聞きましたが、これも秀逸ですね。
Commented by mago_emon2 at 2013-12-25 19:55
チャゲさんとのデュエット見たことあります。まだ体調に不安のなかった2007・8年頃は本当にいろいろな音楽番組で他のアーティストさんと競演していて、多くの人から支持され始めていたのがわかります。
こんなことを知ったのも動画によるんですが。
そういえば、ライブの翌日、私の古くからの町歩きの仲間と会合したのですが、そこで亜弥ちゃんの話をして、選りすぐりの映像を送っといたのです。
二人とも全く彼女に対するイメージが変わったと言ってました。大人になったとそしてもっと表に出れば絶対再ブレークすると。うれしかったですね。やっぱりこれまで余り関心なくても良さはわかるんですよ。

もう少しだけ前に出てくれるだけで、必ず注目されると思うんですけどね。
Commented by awajifuku1018 at 2013-12-27 18:31 x
こんにちは。
熱の入りようはもう僕以上ですね。負けずに僕も頑張らないといけませんね。
お仲間への宣伝も抜かりがないようで、リアルの世界でも松浦亜弥の広報は地道にやるべきですね。僕はネットだけですので見習わないといけません。
最近ちょっと感じているのですが、当初はブログを亜弥ファンに向けてやってるつもりだったのですが、今は亜弥さん本人もしくは亜弥さんの周辺の人に向けて書いてるような気になっています。
あんなブログでも読んでくれたらまた歌う気にもなってくれんじゃないかと自惚れた期待をしてます。
淡い期待ですが、ちょっと本気です(笑)
では、松浦亜弥とmagoさんにまた近いうちに会える日を楽しみにしています。
Commented by 孫右衛門 at 2013-12-27 23:37 x
awajifuku1018さん、ここでお会いできるとはなんか変な感じですね。ここは「郷愁小路」の領域なので孫右衛門なのですが、どうもあの冬光というのにちょっと違和感を覚えだしましたのでmagoか何かに変えようかとも思っています。oichanさんからもそう呼ばれたことですし。
それはそうと、とんでもない。Youtubeのチャンネルもブログも運営されているのに。私が貢献できることは何もありません。
翌日会った二人はもう10年来の町並の仲間でよく知っていますし、このライブのために東京に行くと言ってましたので。
やっぱり良いって言ってくれるんですよ。それがあまり認識されていないだけだというのが改めてわかりました。
少しだけ前に出れば簡単なことなんですけどね。ただ亜弥ちゃん本人はそれより今は大事なことがある。そこは受け入れてあげなくてはいけないと思っています。
Commented by 孫右衛門 at 2013-12-27 23:38 x
(文字制限に引っかかったので続きです)

あるサイトでライブレポートが出ていて(私のところで今日ツイートしています)、それを見ると歌える環境になるのを、自分も待っているというようなことを言っていたみたいです。だから必ずまた歌ってくれるでしょう。少し間が空いても、待つ価値はある人ですので。
自惚れでなく、そんな気持ちを込めて今後続けてください。今回ひこうき雲の話が出たように、ネットの話題は本人もわかっているはずです。直接でなくても周りから入ってきますのでね。きっと伝わりますよ。
ここでこんなおはなしするの、なんか変ですね(笑)。しかし、発信する場所が私は持てないし、このブログも基本は地元発信の建物や町並の情報を建前としていますので、時々挟む雑記という形で触れたんですが、それがあまり亜弥話ばかりでは不自然になりますのでね。
でも、またいつか書きたいと思ってます。

<< 依然として妙な展開ですがしばら... 旧陸軍被服支廠「保存を」 >>