秋の観光復活に全力 -災害と町並-

8月下旬の記録的豪雨で被害を受けた有福温泉(江津市)で28日、地元の旅館経営者たちが温泉街の復旧を印象づけるイベントを開いた。7月末の水害の影響による観光客減に悩む津和野町でも同日、城下町を散策する催しがあり、県西部を代表する観光地が活気付いた。
(「中国新聞」2013年9月29日)

d0328255_22212879.jpg

有福温泉/協同浴場のある風景(2013.05撮影)

今夏、島根県西部を2度にわたって襲った豪雨は凄まじいものだった。有福温泉と津和野はその際に大きな被害を蒙り、伝統的な町並や温泉街が一気に危機に瀕した。
しかしこの記事を見て、地元の篤い結束が感じられ頼もしく、心強く思う。
古い町並に関心があることで、この記事に着目した次第だが、これは何も古い町並を持つ町に限ったことではない。
住民が助け合って復旧に尽力する、その姿勢が都市部でも機能するのか、そんなことを思った。
[PR]

by mago_emon2 | 2013-09-29 22:27 | 古い町並 | Comments(0)  

<< 広島アンデルセン旧館の取り壊し計画 【雑記】プロ魂の塊だった前田選手 >>