被服支廠補修4億円

広島市内で最大級の被爆建物で、具体的な保存・活用策が決まっていない旧陸軍被覆支廠(ししょう・南区)について、広島県が、現存4棟のうち1棟を対象にした本年度実施した現地調査に基づく補修や耐震化の概算費用が17日、分かった。対象の1棟について4パターンで試算し、劣化防止の補修で約4億円、耐震化で約12億~33億円かかるとした。県は、補修を前提に、この1棟の活用策を探る方針を固めた。
県は4棟中3棟を所有。最も北側の1号棟の柱や鉄筋、れんがを抽出して強度を調査し、1号棟の改修パターンと費用を①外観を保全する補修が約4億円②内部の一部活用を想定し、全体を耐震化が約23億円④博物館など内部の全体活用を想定し、全体を耐震化が約33億円―とした。
①の補修は、雨どいや排水管などの防水設備、屋根瓦の劣化を食い止める対策などを施す。県は当面、1号棟の補修を前提として、建築の専門家たちと効果的な工法を2018年度に検討。現時点で補修を予定しない他の所有2棟を含め、見学者たちを呼び込める活用策を引続き進める。
県は、1996年の調査で1棟全体の耐震化に約21億円、博物館として活用する場合に約36億円かかると試算。今回の調査では、耐震工法の進歩などでコストが下がることも期待していたが、数億円の縮減にとどまった。
被覆支廠は、ロシアのエルミタージュ美術館の分館誘致構想が白紙になった06年以降、具体的な活用策の検討が停滞。県が昨年8月、活用策の検討に向けて約21年ぶりに現地調査に乗り出していた。
【中国新聞 2018.01.18】
d0328255_22500578.jpg














この被服支廠の建物群、時折市民団体の主催などで見学会が催されているが、安全性から内部見学は定員制であることもあって人数制限があり、私も参加できていない。それだけ関心も高い建物といえる。
活用のレベルと費用、それを高いと見て回避するか、価値があるものと踏みとどまるか。
折しも呉市に残る青山クラブの建物も、複数案で検討した結果全面保存の方向で動き出すという話題があった。
この被服支廠は保存する価値としては、さらに高いものがあるはずだ。





[PR]

# by mago_emon2 | 2018-01-20 23:01 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

堀内邸 訪日客観光拠点へ

尾道市は、かつて塩づくりで栄えた同市瀬戸田町の豪商の屋敷「堀内邸」を観光拠点として活用する方針を固めた。堀内邸は明治初期の建築で、昨年11月に所有者が市に寄付した。市は、増加する訪日客向けの宿泊施設などとしての利用を想定し、年内にも具体的なアイデアを公募する見通し。既に複数の民間事業者が関心を示しているという。

堀内邸は瀬戸田港に近い耕三寺の参道の「しおまち商店街」沿いに立つ。製塩業や海運業を営んだ堀内氏が1876年に建てた。1950平方メートルの敷地に木造一部2階建ての母屋、土蔵、茶室などが配されている。建物の延べ床面積は計約750平方メートル。堀内氏の子孫が市に寄付した。
市は、同町を通る瀬戸内しまなみ海道のサイクリング人気を背景に、堀内邸を活用すれば訪日外国人の集客を促すと判断。まず2018年度は、老朽化が目立ち活用が難しいとみる茶室(11平方メートル)の解体に着手する。
市は並行して、運営委託なども念頭に、民間の資金とノウハウの導入の検討を進める。近年、堀内邸には民間事業者の視察が相次いでおり、年内にも活用のアイデアを募る。関係者によると、瀬戸内海沿岸7県の観光産業の活性化に取り組む官民組織「せとうちDMO](広島市中区)や、東京のホテル運営事業者などが関心を示しているという。
堀内邸を巡っては、過去にも一般公開など観光資源としての活用を求める声があった。しかし、敷地が広くコストがかさむため頓挫した経緯がある。市瀬戸田支所の田坂昇支所長は「瀬戸田町にも夏を中心に訪日客の姿が目立つようになった。堀内邸の活用でさらに集客力を高めたい」と話している。
【中国新聞 2018.01.09】

d0328255_22394589.jpg














瀬戸田の港に近いこの堀内邸は周囲に圧倒的な存在感を示す旧家で、私が最後に訪ねた時は現住の状態だった。
しまなみ街道が出来てからは耕三寺を訪れる客も通過しなくなり、この界隈はひっそりしている。この邸宅がなくなると、港町としての町並の顔を失うことにもなるため、状態の良いうちに何らかの活用が見込めそうなこの記事を見て、安堵感を抱いた。
しかし、ターゲットを訪日客に絞るというのは如何なものか。
それが最も採算的に成立すると見込まれることから最有力案なのだろうが、常時でなくとも一般に見学できるようにするなど、広く瀬戸田のシンボルとして知られるものになってほしいものである。


[PR]

# by mago_emon2 | 2018-01-10 22:41 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

呉の青山クラブ 活用4案

呉市は、旧海軍ゆかりの施設だった幸町の青山クラブの整備、活用方針4案をまとめた。建物の解体や一部保存、全て保存などの場合に分け、事業費も推定した。市は「来年早々にも最終的な方向性を示し、活用方針を決めたい」としている。
案によると、事業費は、建物全てを解体するなら約5億円、北側の外壁の一部だけを残すには約6億円かかる。いずれもイベントスペースとしても使える駐車場を設け、大和ミュージアムの関連施設の整備を検討する。
建物を残す案は2案示した。いずれも耐震診断やニーズの調査を実施。呉の歴史や文化、特産品の情報を発信する拠点、市民が利用できるフリースペース、宿泊施設などの活用を検討する。
うち建物北側を3分の1程度保存する案の整備費は約15億円。向こう30年間の維持管理費は約12億円となる。建物全てを保存するためには、整備費約30億円が必要で、同じく維持管理費は約28億円とみる。
青山クラブは、地元のNPO法人が提案書を出すなど、建物の保存、活用を求める市民の声が根強い。市企画課は「議会の意見を聞き、市民の提案も参考にしながら方向性を探る。にぎわいの拠点に活用したい」とする。
市は国から本年度の買い取りを目指しているが、手続きには事前に活用法を決める必要がある。同課は、「取得は来年にずれ込む可能性がある」という。

(補足記事)
1903年に旧海軍の集会所として創立。昭和初期に鉄筋で地上3階、地下1階の現在の建物が建設された。宿泊施設やボウリング場などを備えていた。大ヒットしたアニメ映画「この世界の片隅に」にも登場する。市は隣接する桜松館をレストランやカフェなどで活用する方針も示している。

【中国新聞 2017.12.21】

d0328255_21424499.jpg


呉市はここ最近急速に外部からの訪問客が増えた。私の昔から知っている呉は、湾岸部の工業地帯に人口も減って活気のない市街というイメージでしかなかった。
さらに、この建物の再活用への気運の高まりは、外部の人々の呉への関心が強まったこと、そして「この世界の片隅に」によるところが大きい。個人的には普段アニメ映画は見ないが、大きな貢献に感謝したい。
記事のように全体はもちろん一部保存でも大変な整備費、維持管理費が必要となる。
何とか残す方向に動いてもらいたいものである。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-12-21 21:50 | 伝統的建造物 | Comments(0)  

修理・修景 補助広げ前進 -重伝建 魅力発信道半ば

福山市鞆町の歴史的な町並みの保存と活用は11月下旬、重要伝統的建造物群保存地区(重伝建)選定で新たな局面に入った。古い町家などを適切に守る道筋ができる一方、効果的な情報発信や、選定をまちづくりに生かす気運の醸成は道半ば。県が2014年から検討する全国から棋譜を集める仕組みづくりは、全体像が見えてこない。
重伝建選定の一報を受け、市が祝賀会を開いた鞆町の常夜灯前。1週間後の今月5日、観光客の姿はまばらだった。同町の鞆の浦観光センターの片岡明彦局長は「重伝建は、まだ旅行者に浸透していない。継続的に情報発信する必要がある」と語る。
重伝建の地区には、江戸時代からの歴史的な町家や土蔵が約280棟残る。全国に誇れる町並みの保存は道路問題の解決と合わせ、当初から同町の課題だった。
県も、鞆港埋め立て・架橋計画撤回後に大きな決断をした。15年度、町並み保存のための市基金に5億円の交付金を拠出した。市は町家の修理や町並みに合わせた修景の補助率をアップ。15~17年度の3年間の補助で、計41棟の修理・修景が一気に進んだ。
一方、鞆町の魅力をインターネットなどで発信し、全国からまちづくり事業のための寄付を集める県の構想は、4年連続で関連予算を計上するものの実現できていない。県地域力創造課は「市と協議している。住民の機運も大事でタイミングを探っている。本年度中の制度設計を目指す」とする。
地元からは、重伝建地区にとらわれずに、鞆町全体の観光や福祉の向上に使えるようにしてほしいという声が上がる。制度設計が遅れる背景には、広域の行政を担う県が、一地域に特化した仕組みをつくる難しさもあるとみられる。
市が重伝建地区内で計画する町並み保存の拠点施設も、本年度の設計を見送ることになりそうだ。住民ワークショップなどで出た地元の意見集約を踏まえて、機能の配置の検討を続けているとする。
町並みを保存するための地元組織の立ち上げなどの課題も残る。市幹部は、「これからは、今まで以上に住民のまちづくりへの思いや取り組みが大切になる」と打ち明ける。歴史を生かすまちづくりで県と市、地元が一丸となれるか。重伝建選定のタイミングは好機でもある。
【中国新聞 2017.12.09】

d0328255_13461088.jpg

重伝建地区そのものは、一般には認知度が高いとは言いがたい。重伝建地区となったことだけでは訪問客の大幅な増加、関心の高まりにつながると期待するのは、今はまだ難しいものがある。
ただこの制度、活用法しだいでは町並・町家の状態の保持と、相応しい程度の観光地化とのバランスを非常によい方向に持っていくことができる。鞆の場合、既に近年訪問客が増加しているので、後は関心をもう少し町並・町家の方向に差し向け貴重さに気付いていただけるよう、保存の面、そして周知の面双方での取組が必要だろう。
そのためには記事内にもある町並の拠点施設の整備は有効だ。他の重伝建地区の例を色々参考にしながら、まずその辺りから着手するべきではなかろうか。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-12-10 13:46 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

景観に統一感 にぎわい再び(三原市)

広島県は、統一感ある景観づくりで賑わいを取り戻す住民活動を市町と支援する「魅力あるまちなみづくり支援事業」のモデル地区に、三原市本町の「本町西国街道地区」を選んだ。かつての城下町に文化的価値の高い寺社が点在。住民主体の祭事が続いている点も踏まえ、観光客の増加が見込めると判断した。県市は担い手となる住民組織の来年度発足を目指す。
大正地区は、JR三原駅北西に位置する本町1~3丁目の約26ヘクタール。地区を東西に貫く市道の本町中央通りは、江戸期に西国街道として栄え、古い町家が今も残る。通りの北側には、国の重要文化財の山門がある宗光寺などの寺社が斜面に沿って立つ。
早春の「おひな祭り」や夏の「三原半どん夜市」を地元住民らが開いている。ただ、商業施設の郊外への進出などで近年は人通りが減少。景観づくりを機に活気を取り戻したいと、市が県の公募に応じた。県市は今後、電線の地中化や道路の石畳化など景観づくりに向けたハード事業の指針を決めるため、住民組織がワークショップを開いたり専門家を招いたりする経費を折半して負担する。
市は住民組織の設立に向けて調整中。市都市開発課は「町家や寺社は祭りやイベントの舞台ともなっており観光客を呼び込むポテンシャルがある。住民主体の活動をいかに持続させるかを考えたい」としている。
同事業は2014年に開始。これまでに宮島口(廿日市市)東城(庄原市)忠海(竹原市)の3地区を選定し、計2千万円を支出している。宮島口と東城はハード整備の指針がまとまった。
【中国新聞 2017.11.22】


d0328255_10211526.jpg
三原の町並 この近くに「西惣門跡」がある(2004年撮影)


三原市の城下町及び街道沿いの町並は、特に駅の北東側の造り酒屋を中心とした地区が国道バイパスの建設にあたり拡幅され、ほぼ壊滅している。さらにこの記事で触れられた北西側も、質量的に余り残っているとはいえない。私も当分の間、再訪していない町並だ。
しかし少ないながら残る商家の建物や寺社を取り込んで歴史の町をアピールする余地は残されていると思う。
ただ、観光客の取り込みといったとこに傾注しすぎると、結局は余り個性のない画一化されたものになりがちなので、その辺はバランスを持った取組としてほしいものだ。
しばらく注目しておきたい。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-11-23 10:22 | 古い町並 | Comments(0)  

3階建て以上木造住宅減る(大崎上島木江)

 大崎上島町木江港周辺に集まる3階建て以上の木造住宅が、徐々に姿を消している。かつて造船の町の歓楽街としてにぎわった名残をとどめ、観光名所にもなっているが、9棟まで減った。老朽化や住民の高齢化で管理が難しくなっている。
 町によると、木江港では江戸末期から帆船が潮待ちし、造船業でも栄えた。大正期までに旅館や宴会場が並ぶ歓楽街になった。海と山に挟まれて平坦地が少ない事情から、木造3階建てが多く建てられたという。
 戦後、鉄鋼船が主流になると、潮待ちする船が減り、歓楽街は活気を失った。その後、建物は民家として活用され、1980年代には15棟が残っていた。
 郷土史に詳しい町住民課の秋山英雄さん(54)は「木造3階建て以上が群集して残ったのは全国でも珍しい」と説明する。一帯の写真は町の観光パンフレットも飾る。
 しかし、どの建物も築100年前後になった。昨年までに10棟になり、ことしさらに、1棟が壊された。住んでいた70代の男性は「屋根や壁の補修に年間100万円余りかかった。行政の補助はなく、維持が難しかった」と振り返る。
 現存する3階建て8棟と5階建て1棟のうち、居住者がいるのは3棟。他の2棟は倉庫、4棟は空き家だ。
 町地域経営課の森下隆典課長は「歴史ある町並みを守りたいが、保全に向けた町民運動などがなければ、個人の財産に公金を投じるのは難しい」と話している。
【中国新聞 2017.10.31】
d0328255_22414714.jpg
木江の路地 木造3階建が対峙する一角もある(2016.01撮影)

木江の集落は余り全国的には知られていないものの、その外観の独特さは特筆すべきものがある。
島の集落だったから大規模に開発され破壊されることなく、良くぞ残っていると私は思っているのだが、木造3階建の減少は私も実際眼にしてきたところである。
ここに載せた写真のような路地風景は他ではまず見られないもの。
一軒壊されると、連続した町並景観に風穴が開いて、かなり異なったものになる。

記事に掲載されている森下課長の言葉は、重伝建地区などとして公の保存が行われていない古い町並の現実そのものである。






[PR]

# by mago_emon2 | 2017-11-01 22:51 | 古い町並 | Comments(0)  

福山の鞆 重伝建に

国の文化審議会(馬渕明子会長)は20日、江戸時代からの港町の町並みを色濃く残す福山市鞆町中心部の8.6ヘクタールを重要伝統的建造物保存地区(重伝建)に選定するよう、林芳正・文部科学相に答申した。本年度中にも答申通り告示される見通し。広島県内の重伝建は3件目となる。
国が伝建制度を設けた1975年当初から重伝建の候補とされ、市教委は同年に歴史的町並みの最初の調査を実施した。だが、町並み保存を、鞆港埋め立て・架橋計画による道路課題の解決と一体で目指した経緯もあり、選定まで40年を要した。
万葉の時代から潮待ちの港として栄えた鞆町。廻船業で繁栄を極めた江戸中期までに整えられた地割を保ち、伝統的な本瓦ぶきの町家や寺社、港湾施設などが一体となって残る。国重要文化財の太田家住宅は代表的な商家だ。
答申は「瀬戸内の港町としての歴史的風致を良く伝え、わが国にとって価値が高い」と評した。
福山市教委は、地区内の昭和30年代までの町家や土蔵、塀など281棟のうち、所有者の同意を得た229棟を将来にわたり保存する伝統的建造物に特定している。
中国地方ではこれまでに、竹原市竹原地区(製塩町)や呉市豊町御手洗地区(港町)、大田市大森銀山(鉱山町)など15地区が重伝建に選ばれた。文化審議会は今回、他に武家町の大分県杵築市北台南台の選定も求め、重伝建は全国で117地区となる。
【中国新聞 2017.10.21】

d0328255_15162123.jpg
重文・太田家住宅

建物や町並、港の景観などに保存地区級に十分値するものを有していた鞆。鞆の重伝建への動きは40年前から始まっていたとのことで、私の中でも古い町並関連での大きな関心事であったが、ようやく実現することになりそうだ。
その経緯は、私が以前取りまとめたものに簡単に掲載しているので、参考までに→ 
http://www.kyoshu-komichi.com/tomo2.html

周囲からも重伝建選定を求める声は強かった。2002年、「全国町並ゼミ」がここで開催され、私も参加していたのだが、その会で採択された「緊急アピール」でも強調された。
一方で、町並保存と一体とされてきた架橋案を含めた道路整備が進まず、交通問題が残されたままであり、住民の中には町並保存だけが進むことに対する違和感を持つ方もいると聞く。それらの課題の解決も必要だが、とにかく近年鞆を訪れる客が急増した中で、その最大の魅力であるはずの伝統的な建物が失われる一方なのは非常に問題である。鞆の場合市の独自の事業などもあり、空家も比較的少なく根こそぎ失われるといった状態にならなかったのは幸いだったが、これでようやくスタートといえるだろう。重伝建選定によって、今後町並・町家保存がどのような具体的な動きを始めるのか、注視していきたいところだ。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-10-22 15:24 | 鞆の架橋計画と町並保存 | Comments(0)  

歩行者天国で「町めぐり」

広島市安佐北区可部の旧雲石街道一帯で古い町並みの散策を楽しむ秋恒例のイベント「可部の町めぐり」が10月15日にある。見学できる古民家や商家、催し会場などの散策スポットを昨年より15増の50ヵ所に設ける。メインの通りの一部を初めて車両通行止めとし、訪れた人が安心して歩けるようにする。
メイン通りはJR可部駅前の明神社から旭鳳酒造までの約1キロ。当日はこの区間や周辺で午前10時~午後4時、江戸後期から昭和初期にかけて建てられた古民家や商家を見学できるほか、伝統産業だった山繭織りの紡ぎ糸づくり体験、酒蔵コンサート、寺社・史跡巡り、スタンプラリーなどの催しがある。
若者や家族連れの来訪を増やそうと、子供が遊べるスペースや可部の銘菓や雑貨などを販売する「舟入堀市」を初めて設ける。
住民たちでつくる実行委員会によると、道幅が狭く、車の交通量も多いため、「歩行者天国にしてほしい」との要望が毎年寄せられていた。
このため、メイン通りのうち、可部3丁目交差点から、古民家を再生したコミュニティーサロン「可笑屋」までの約90メートルを、午前10時から午後3時まで車両通行止めにする。開催1ヵ月前の15日、実行委の7人が通行止めを周知する看板を付近の15カ所に立てた。当日は警備員やボランティア計14人を配備。ドライバーに迂回を呼び掛ける。
可部の町めぐりは今年で14回目。例年1500人ほどが訪れる。実行委の梶川暢之会長(83)は「若い世代に大勢来てもらうと、まちが華やかになる。可部の魅力を知ってほしい」と呼びかけている。
【中国新聞 2017.09.16】

d0328255_10422146.jpg
イベントの様子(可笑屋付近・2015年)

私も何度か訪ねたことのあるこのイベント、毎度可部の人達の熱意を感じて帰るのだが、確かに国道の迂回路としても使われるこの旧道は道幅の割に交通量が多い。散策には安全確認が必要であり、落着いて町並を味わうことは難しいのが実態である。
今回、一部とはいえ交通規制を行い、加えて見学できる旧家等も増えるとのことで、昨年は同日に開催された上下の町並イベントの方に足を向けた事もあり、今年はぜひともこの可部の催しを訪ねたい。


[PR]

# by mago_emon2 | 2017-09-17 10:43 | 町並イベント | Comments(0)